Masato

アンタッチャブルのMasatoのレビュー・感想・評価

アンタッチャブル(1987年製作の映画)
4.0
今年初映画!

本作の主人公のエリオットネスのアルカポネ逮捕の実話を基にした実録映画。

これが実話!?と思ったが、娯楽作品にする上でかなりの脚色をしているらしい。(実際には銃を撃たなかったなど)
だけど、プロットは実話とは多少違うかもしれないが、リアリティある展開に終わり方。

禁酒法時代にシカゴを支配していたアルカポネという人物を、正義感ある主人公が逮捕に導くというシンプルなストーリー。分かりやすく端的に言えば、桃太郎の物語だ。
任された新人が、仲間を集め鬼のような鬼畜っぷりの極悪ボスを倒しに行く。

アンタッチャブルのチームが織りなす男のドラマも大好きだ。特にマローンとネスの掛け合いが好きだった。

音楽が良くて、映画開始からかかる音楽とか、何か起こる時のBGM、なにか嬉しい悲しい時があった時にかかるBGM。良かったなぁ。耳に残る。

乳母車が超絶スリルを生んだのはこの映画からなのか?かなり緊迫した。

アンディガルシア(若い!)にショーンコネリー(この時におじさんだったか)、若かりしイケメンケヴィンコスナーに、微笑みと独特なトークが好演技で太らせ毛を抜いたデニーロさん。

やっぱりマフィア系統は面白い