恐怖の報酬の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「恐怖の報酬」に投稿された感想・評価

ryusan

ryusanの感想・評価

4.7
血でも爆発でも何でもリアルに見せれば言い訳じゃ無い。
巻煙草の葉が飛ばされるシーンは最も恐ろしい。
見せないのも恐怖、上手い。
リマスター版で再見。
顔の映画。タールと汗と男たちにグッとくる。
画面が綺麗でこんなんだったかなぁと別物見てるような感じでした。
離れた町で起こった火事を消すため、石油会社から危険なニトログリセリンをトラックで運ぶのを任命された4人の男を描くサスペンス。トラックで危険物を運ぶ様子が3/4ほどを占める。危険な道や崖、深い沼などさまざまな困難にぶつかりながら、2代のトラックが競争をし、命をかけてゆく。ヒッチコックよりもエンタメ感は少なく、危険なシーンをジリジリと描く目線はとてもシビア。そのラストと相まって、生きる哀しさが伝わる。
もへあ

もへあの感想・評価

4.0
極限の恐怖で、弱気の底に落ち込む者、狂気の鬼と化す者。まさに手に汗握るというギリギリ状態の中、価値観と倫理観が狂わせられる。そして、あっけなくも衝撃的なアレやコレ・・・サスペンス映画の一つの完成形でありながら、尖った感性を併せ持つ、とても高度な名作。

このレビューはネタバレを含みます

ニトログリセリンを運ぶ所からは何度も絶え間なくハラハラさせられるため、観ていて全く退屈させられない。
また、前半で主人公らがどの様な人間かをじっくり見せることで、後半のドラマがより味わい深くなる。これは近年の映画だが、私は『デス・プルーフ in グラインドハウス』を連想した。
それ以外の描写でも、ジョーの脚がトラックに轢かれて折れる描写なんかは今見ても非常に痛々しいものになっている。
衝撃のラストに関しては、事前にカメラをグラグラ揺らしたりすることで観客に非常に嫌な予感をさせるのが基本的だが良かった。
小川

小川の感想・評価

4.2
一滴でも落ちたらドカーンなニトログリセリンをトラックで運ぶ話。本当によく作り込まれててビックリ!


○思い出しキーワード
マリオ、ルイジ、最後までやる、見てるだけ、仲間、諦めない、
yadakor

yadakorの感想・評価

3.0
戦後すぐの映像はそれだけで価値あり
つい50年前まで今日生きるのに必死だった人類は、今では地球の裏側のマイノリティの幸せを考えて生きなくてはいけないのだ
物語自体は全然面白くはない
あらすじは単純だけれど、狭い悪路を走る恐怖だけでなく、さまざまな障害物や2組のドライバーたちのライバル意識や主従関係の逆転など、それだけではないスリルに溢れている。皮肉なラストも含めて名作。
sumi

sumiの感想・評価

3.3
スリラーの傑作として名高い作品ですが、ニトロを運ぶに至るまでが私には退屈で。

見所となる演出や結末を事前情報として頭に入れてたのも良くなかったんでしょうね。ショック受ける前に「あぁ〜、これなのね」という反応になってしまいました。

真っさらな状態で観たかった(。・ω・。)
50

50の感想・評価

3.9
ストーリーに納得行かない点が多々あったが、映像がカッコよかったので良しとする。