シズヲ

バニシングIN60”のシズヲのレビュー・感想・評価

バニシングIN60”(1974年製作の映画)
4.2
40分くらいカーチェイスがぶっ通しで続く最強の車バカ映画。とにかくブチ切れたドライビングテクニックが唸り、途轍もない疾走感で突っ走る。市街地から郊外まで色んな場所を駆け抜け、その上でテンポがほぼ途切れないので単調なのに飽きさせない。所々で挟まれるユーモアも良い味を出している。ド派手なクラッシュや多数の車両による追跡シーンも多いので、絵的にもとことん楽しい。本当に車が全ての映画で、マジで車の描写とカーアクションだけを突き詰めている潔さが清々しい。

ストーリーや登場人物は余り記憶に残らず、あくまでカーアクションに持っていくための布石でしかない感じ。後半のカーチェイスが凄すぎるのもあって前半の展開は相対的に印象が薄め。でも「車を魅せる」というスタンスに徹した作風はやっぱり痛快。ここまで製作者の情熱を感じる映画は早々無い。1973年型マスタング『エレノア』の活躍はもはや主演女優賞レベル。