暗殺者の作品情報・感想・評価

「暗殺者」に投稿された感想・評価

WOWOW 録画鑑賞.
暗殺者同士の対決 一流がスタローン、新人がバンデラス 
古典的な香りでしたが、おもしろかった。結局のところ、孤独に耐える職業なのかと思った。新人の方は耐えられそうにないキャラだった。
スタローンが、バンデラスが固執するほどの凄腕に見える描写が少ない。タクシーからバンデラスに逃げられるのはまだしも、ジュリアン・ムーアに車から逃げられるとこはマヌケ過ぎる。だが、そういうとこと、辞めたがっててちょっと精神病んでるっぽいとこがかわいい。これ見てからエクスペンダブルズ3見直すのもいい感じ。
暗殺者VS暗殺者、スタローンVSバンデラス、無口VS多弁、冷静VS情熱、ムッツリVSヒャッハー、言い尽くせないくらい対象的なキャラだ。

序盤から全力疾走で仕掛けてくる。アクション全開、バンデラスのヒャッハー感やむさ苦しさが全開だ。バンデラスはギラつくだけでなく、テカっている。体臭まで臭ってきそうだ。ウスターソースよりも濃いウザい野郎だ。

一方でスタローンは、冷静沈着で頭脳的だ。ある意味これも嫌な野郎だ。若きジュリアン・ムーアもよそ様の夫婦を隠しカメラでのぞき見するゲスい女子を演じている。もう3人で仲良く好きにやっちゃってーっ!
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
バンデラスvs.スタローン!
殺し屋のNo.1対決と若いジュリアンムーアがいい感じに溶け込んでました。
ストーリーは今や定番という形ですが、王道らしく見易い作品
1933 デモリションマン
クリフハンガー
1994 スペシャリスト
1995 暗殺者
ジャッジ ドレッド
1996 デイライト
1997 コップランド

90年代のスタローン主演のラインナップ
並べてみたら好きな作品ばかりだった
ただ、例外もあり 『スペシャリスト』は
お世辞にも好きとは言えないが
ただ、その後の2000年からの彼の出演作
は パッとするものがなくて ほぼ 2010年
の『エクスペンダブルズ』辺りまで 低迷していたのは 否めない スタローンの気質からして 転んでもただでは起き上がらない
作品がヒットしないのを 逆手に取った
作風に 驚愕した

私の90年代の映画鑑賞の基本は お家だった 住まいに元々あった CATVのスターチャンネルで 洋画ばかりを漁った
その中でとても面白いのが 『デイライト』と『クリフハンガー』だった
アクションの下敷きは同じだが全く違う 畑の人間を演じる 人柄は真面目で 親切
なのが基本設定 そこが また?と思いながらも 楽しんでいた理由
放送してるのを見つけると何度でも見ていた それが途中からでも話の筋を覚えていたので 全く苦にならない
そして 出会ったのが『暗殺者』
演じるのは 殺し屋 そして基本設定は変わらない
時系列通りではないので悪しからず

スタローンが冷静沈着な殺し屋 No.1と業界で恐れられている らしい設定
そこにねじ込もうと 前髪の巻き毛が 鬱陶しくてちっともセクシーじゃない アントニオ・バンデラス 腕がいいらしいが 顔面に汗かいていつも暑苦しい ラテン系の殺し屋
リチャード・ドナーにはバンデラスを もっと、セクシーに撮って欲しかった どっしりと構えるスタローンの貫禄ある男の脇をチョコマカと動き回る アイヤーとか何とか言いながら なのでうるさくて仕方ない

ジュリアン・ムーアが一番可愛く撮られてる作品じゃないかと思えるくらい 彼女は
この作品で 光り輝く
ジーンズを短く切って 黒いストッキングと
黒いブーツで足元を飾り トップはプレーンなTシャツとYバックのベスト?
なファッションが 一番可愛い
ラストシークエンスではジュリアンのお下げ髪も堪能できて お得感一杯なのだ
みんな若い!
ジュリアン・ムーアも可愛いね。
今観ると内容がしょぼくてちょっと飽きた。
スタローンの感じがいいですね!
ヒロインが足引っ張ってそこをなんやかんやで助けるスタローンが好きです(笑)

話の内容的にも殺し屋のプライドや情けなんかがいい感じでした!
たまに観たくなる!

>|