「1941」に投稿された感想・評価

くだらなくて最高。観覧車のネタっていろいろ使われるけどこれが元なのかな。
ジョン・ベルーシは彼自身が1つのキャラクターだよね。なんで毎回飲み物ちゃんと飲めないんだよw
2019-11-13 封切り以来、久し振りにgyaoで。
naco

nacoの感想・評価

3.0
①2019.11.10
超面白いじゃん。スピルバーグで一番好きかもしれない。
いきなり『ジョーズ』セルフパロディ、からのドタバタ、ナンセンス、スラップスティックの文字通り絨毯爆撃。それでもちゃんと活劇になってる。登場人物全員バカ、でも憎めない。音楽もうるさいし演出も過剰で常にハイテンション。ダンスパーティーからの乱闘、LAの夜景の中での空中戦、遊園地が戦場となるアゲ感や、やたらモノ破壊したり上からなんか降ってくるスペクタクルも最高。
三船敏郎は終始クソ真面目で笑いを誘う。群像劇としての作りで明確な主人公がいるわけじゃないんだが、一番のメインキャラであるはずのジョン・ベルーシが特に前半はそれほど登場しないのは残念っちゃ残念かな。
これがつまらない人は映画見るの向いてないとか笑えない人はコメディ見るの向いてないなんて言わないけど(あこれ言ってるも同じか)、でもこれが失敗作としてレッテル貼りされ嘲笑気味に不当な扱いを受けてたり、DVDレンタルも少なくサブスク配信もされていないという見づらい状況は絶対おかしいよ!
きっとスピルバーグ好きが好きな映画なんじゃないかな。つまりわたしはスピルバーグ好きです。
どちらかと言えばスピルバーグよりも脚本を書いたロバート・ゼメキスとボブ・ゲイルの色が濃い戦争コメディ。派手に盛り上げている割には内容がないような。🚀

出演陣が三船敏郎からロバート・スタック、サミュエル・フラー監督までごった煮テイストの悪ノリ作品である。実際、ボロクソに貶すほどの駄作でも無かった。むしろ夢があり好きな世界観。🤡

悪ノリ映画という意味でティム・バートンの『マーズ・アタック!』辺りが好きな人にはオススメ出来る作品かと思う。☺️
茜

茜の感想・評価

3.0
コメディ映画と言っても何だかんだで戦争モノだからなぁ…と思っていたら予想以上に終始笑いに徹底している。

出てくる人は一人残らず皆バカばっかりだし、バカしか出て来ないから常に展開はドタバタ。
所謂「ここ笑いどころですよ!」っていう場面が1分毎もしくはそれ以上に来るから、逆に何処で笑ったらいいのか分からない。
しかも結構お金かかってるような雰囲気で、派手な爆破シーンなどダイナミックな描写が至るところに。
映画内で出てくるハリウッドの街並みが凄く綺麗で良いなぁって思ったんだけど、後で調べたらとても精巧なミニチュアだったみたいでビックリ。
そして何より好感が持てたのは、日本人役にきちんと日本人(しかも三船敏郎)を起用していて、洋画でよくある違和感満載のカタコト日本語ではないのが嬉しかった。

戦争をコメディにするというのは批判も大きいだろうし、興行的には大コケで、スピルバーグの黒歴史とまで言われているらしいけど、私はギャグセンス云々よりも映画としてのスタンスが面白い作品だと思った。
スピルバーグが本気で下らない事をやってみたかったんだという感じがヒシヒシ伝わってきて、ベタな商業映画なんかよりも全然好き。
ググってみると一部の人達にはカルト的な人気を博しているようで、本当にバカでしょうもない映画だけどそこがたまらなく好きという人が多い。
作っている側が「楽しい」と思いながら制作している作品って、何となく受け手にもその熱量が伝わると思うんだけど、この映画はまさしくそれだった。

ジョーズのパロディシーンに出てくる女優さんは、実際にジョーズでサメに食われた役を演じた人らしい。
あとミッキー・ロークもちょい役で出てたらしいんだけど全然気づかなかった…悔しい。
ぺ

ぺの感想・評価

3.2
スピルバーグのコメディ作品。

ド派手なセットをド派手な爆発でぶっ壊すシーンはどこも最高。
ただ肝心のギャグがとことんつまらない。
興業的に失敗したのも納得。
有名なタレントはたくさん出てくるものの活かしきれてない印象。

ダンボはいい映画よね。
1941年、日本軍はアメリカ人の精神的支柱であるハリウッドを攻撃するという"軍事"作戦を遂行するためにやってきたが、羅針盤の故障でカリフォルニアの小さな田舎町についちゃったという冒頭から『ケンタッキーフライドムービー』をほのかに匂わせる。

大学の講義も始まってストレスがたまっている時にちょうどいい。夜中2時頃に観たから、眠たいし頭がボケているので大笑いした。
空軍のある基地で、お偉いの人がこの基地では絶対に空爆を受けることはないので安心してほしいと演説している間に、パイロットが誤って戦闘機の爆弾を落として基地がぶっ飛んでしまうとか、そんなシーンがばっかり。
しかし、スピルバーグはそんなシーンさえCGを使わない徹底ぶりで全部モノホンなのがまたすごい。『ブルースブラザーズ』のダンエイクロイドやジョンベルーシが出ているのも嬉しいプレゼント🎁

冒頭のスピルバーグお馴染み『ジョーズ』の効果音楽で日本軍の戦艦の棒が出てくる時点で良い映画だなぁ〜と思った夜であった。
>|