tjZero

クヒオ大佐のtjZeroのレビュー・感想・評価

クヒオ大佐(2009年製作の映画)
3.5
米空軍の大佐に扮し、女性をだます結婚詐欺師を描く。

主役の詐欺師(堺雅人)の容易に尻尾をつかませない物腰と、作品全体のどこに向かってるんだかよく判らない語り口とが妙にマッチしていて、巧くだまされちゃったかのように最後まで観せられてしまう。

この主人公と、湾岸戦争当時の(態度がはっきりしない)日本とを重ね合わせようとする寓意はあんまりうまくいってないんだけど、この空虚な男と現在のわが国を対比させる視点はなかなか面白い。

吉田大八監督の作品は、本作と『桐島、部活やめるってよ』しか観てないんだけど、どちらも主役だけでなく脇のキャラクターまで個性的に、よく描けているなあと思った。
どちらも中心となる存在(クヒオ大佐、桐島)が空虚で、彼をめぐる周りの連中が右往左往する様を描く…という所が似通っている。

桐島は元々劇中に登場しないから空虚なんだけど、クヒオ大佐の場合は全面的に出てくるのに透明人間のような空っぽな感じを出せているのは、やはりカメレオン役者堺雅人の本領発揮といったところ。