バロンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「バロン」に投稿された感想・評価

muka

mukaの感想・評価

3.8
テリーギリアムの作品を見ると、してやられた感をいつも感じる。
今回もテリーギリアムの想像力に付いて行くのに精一杯だった。
テリー・ギリアムがモンティ・パイソンの一員だったことを思い出させる画やキャラクターの数々といったところ。
正直ストーリーを真剣に追うことを意識しながら観るとしんどいかなぁと思う。ギリアムのイメージを楽しむことに集中した。
ロビン・ウィリアムスはしつこくならない絶妙な場のさらい方をしていた。
子供のころに観たかった〜〜〜。
ちょっと長いかなって思ったけど、展開の仕方もテンポが良くて序盤から面白かったし、ビジュアル的にも色んなアイディアが詰め込まれてて観てて全然飽きなかった。
シュタタタタとかボヨヨヨーンとか不意打ちで思わず笑った。古典的で典型的なコメディ要素もとても良いです。キャラクターたちの掛け合いも途中から吉本新喜劇みたいにしか見えなくなってからもうずっとニヤニヤ。
シュールでくだらないんだけどみんな愛くるしいなあ。
猫道

猫道の感想・評価

3.7
何も考えずに観るのがよいと思うんだけど、観ながら監督の意図を考えてしまった。これはテリー・ギリアムなりの「現実を変えるかもしれないフィクションの可能性への賛歌」なのかなと思った。風船おじさんやドン・キホーテというのは狂人みたいに位置付けられるが、何かを革命的に変える力はクレイジーに宿る。
セットといい、特撮といい金が掛かっているなという印象を受けましたが、ストーリーが間延びしていて退屈でした。もっと笑いの要素が欲しかったです。
OishiMohe

OishiMoheの感想・評価

4.0
割とガヤついた店内で観てしまったので、もう一度見たいのですが、
この作りもすごい!
80年代チックで当時の技術を駆使したアイディアを100パーセント実現しているかんじ、すごく楽しい。
ロビン・ウィリアムズ素敵だった。
手作り感のあるファンタジーはみてて楽しい。
クリスマスイブに選んだ定番外の映画だったけど、最高( ᵕ·̮ᵕ )
夢のある作品。キャラクターがワンピースに多大な影響を与えた事が伺える事を知れただけでも良かった。

ドタバタ感が良い。
キイロ

キイロの感想・評価

4.0
幼い頃観て、頭に焼き付いて離れない作品。どのシーンも印象的。
子供向けじゃない大人のファンタジー。どこを見ても発想が凄くてとにかく気になる。テリーギリアム凄い!
ドイツの民話を元にした、奇想天外なおとぎ話。
生え変わりで歯が抜けているサラポーリーがキュートで、作品のアクセントとなっている。彼女の存在がなく、爺さんの冒険譚だけであれば退屈だっただろう。
セットや小道具等がチープ。一歩間違えれば仮装大賞のノリだが、そのアナログさ加減が特異な世界観に一役買っており、味わいすらも感じる。
ユマサーマンの神々しい裸体を拝めます。
mmm

mmmの感想・評価

4.2
すべては英雄譚の1ページにすぎなかったことを思い知らされる。最後の「作り話じゃなかったのね」ってセリフにやられた。

舞台セットが豪華すぎて軽く引いてしまった。