Kogarath

ニューイヤーズ・イブのKogarathのレビュー・感想・評価

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)
3.0
大晦日のニューヨークを舞台にした群像劇。
最近観た似たような形式の「ラブ・アクチュアリー」と比べると、どのストーリーも惹かれるものが無いというか、なんか脚本が弱いなーなんて感じてしまった。
でも飽きずに観れたのはキャストが良いからかな?
特にミシェル・ファイファー、50代になっても魅力的で素晴らしい。
デニーロも泣かせる。そんなデニーロの看護師が旦那さんとテレビ電話する場面も切なくて良かった。

それにしてもさすがニューヨーク、年越しもこんなに派手なんですね。
そんな中で「なにがハッピーニューイヤーやねん!」てな感じでアパートの飾りつけを千切って回るアシュトン・カッチャーの存在に安堵した直後、セクシーで歌の上手い美女とエレベーターに閉じ込められる展開には「ふざけんなイケメン!」って思いましたね。(ただの嫉妬)