キッドの作品情報・感想・評価

「キッド」に投稿された感想・評価

ageless505

ageless505の感想・評価

4.5
観た当時はサイレントなんて言葉はしらないはず。声がないのになんでこんなに感情表現できるのか、繰り返し観た記憶。
チャップリンの短編を色々と観てきて、映画を通した人生の喜怒哀楽を観てきました。そんな中でキッドは少し違う感じです。キッドを通して大切な何かを学びました。
ehonwolf

ehonwolfの感想・評価

5.0
サイレント映画で人間の喜怒哀楽をここまで表現できることに感動。大好きなシーンは山ほどあるが、孤児院行きのトラックの荷台で声を限りに父を呼び、来ないと知って必死に神様に祈るジョンの姿に涙、涙。それにしても子供可愛すぎ。一人で朝食のパンケーキを焼き、父親を起こすたくましさ。もらった子犬の人形で無邪気にごっこ遊びをする様。あの時代にこんな天使みたいに美しい子をよく見つけたもんだ。彼のその後を知らないので調べたら、「クーガン法」に辿り着きました。まさかこのクーガン君が元とは知らなんだ。さすが元祖天才子役!!勉強になりました。
kaz

kazの感想・評価

3.0
ずっと観たいと思っていた作品。

遂に観る。

チャップリンの映画には、ユーモアが詰まっている。ユーモアのセンスが抜群に良い。

52分の中に喜怒哀楽が詰まっている。

流石、名作といわれるだけのことはある。

星は3つだが、観て損はない。


あと、子供がパンケーキを焼くシーンの可愛らしいことよ。
S

Sの感想・評価

4.0
男性・父親の父性は後天的なもの。

女性・母親の母性は先天的なもの、永久的なもの。
M川A氏

M川A氏の感想・評価

3.7
チャップリン初観賞。成長譚。
僕が子供の頃から思い描いていたイメージ通りのチャップリンを観ることができた。魅力溢れるオッサン。しかもよく見たらイケメンだしね。
子供とファストモーションの相性が抜群。
akari

akariの感想・評価

-
授業で見た
みんな観るべき
自分の中でチャップリン映画の評価基準の一番先頭にくるのはやはり喜劇として笑えるか、という点なのでそういった意味では「黄金狂時代」「モダン・タイムス」あたりと比べると見劣りするかなぁと。

それでも定番の警官との応酬などは今観ても全く色褪せないのも確か。
>|