チキ・チキ・バン・バンの作品情報・感想・評価

「チキ・チキ・バン・バン」に投稿された感想・評価

劇場で母と見た
ミニカーを買ってもらった
ずっと空を飛んでいた

それ以来見ていないので
いつか
もう一度みてみるか
それとも
いい思い出として
そっとしておくか
Julia

Juliaの感想・評価

3.7
子供の頃よくみてて、今でも大好きな映画です。最高に可愛い
かほ

かほの感想・評価

4.4
子供心を取り戻せた
夢のある映画。子供の頃に戻ったような気持ちになれる。
勇者様

勇者様の感想・評価

5.0
大好き!
Serge

Sergeの感想・評価

3.2
いつかの記録
GSX403

GSX403の感想・評価

4.5
子供の頃VHSでめちゃくちゃ観てた
まさに原点
イギリスの児童文学が原作ということもあって、ワクワクがつまった楽しいファンタジーだった!

メリーポピンズ、おしゃれキャットなどの作曲で知られるシャーマン兄弟のミュージカルナンバーがどれも最高にハピネスで大好き。
兄妹がほんとうに可愛すぎてずっと癒しだったなあ。

このレビューはネタバレを含みます

子どもたちが小さい頃から繰り返し観ている往年の名作ミュージカル。十数年ぶりに観ても良作の印象は変わらない。
それぞれ趣向を凝らした歌・ダンスシーンはどれも素晴らしいが、やっぱり一番好きなのはからくり人形に扮したトゥルーリーとポッツのデュエットシーン!最初にトゥルーリーのソロを見せ、さらにポッツが別の曲を歌ってかぶせる、しかもそれぞれの歌詞がストーリーとしても筋が通っているという演出が本当に傑作。

初めて観た時、脇役だと思った子どもさらいが一瞬見せるダンスの足さばきと軽やかな身のこなしの完璧さに驚いて、見終わってすぐにキャストを確認したらプロのバレエダンサーのロバート・ヘルプマンと分かり、さすが英国制作抜かりなし・・と妙に感動したのを覚えている。

もちろん、お嬢様のトゥルーリーが怪しい発明家(しかも二児のシングルファーザー)のポッツとあっさりくっついてしまう脳天気なハッピーエンド展開には呆れるが、ボンバースト伯爵夫妻(=トゥルーリーの両親?)のぶっ飛んだ夫婦愛を見せられた後ではそれもありかと思えてしまうという、ロアルド・ダールの職人芸の光る脚本にも脱帽。

ところで久しぶりに見たので冒頭の真っ暗画面の長さを忘れていた。デッキかDVDが壊れたか?・・・と一瞬不安にさせられるが、これも技術の限られる時代ならではの斬新な演出と思えば一興。
1000

1000の感想・評価

5.0
ちっちゃい頃ビデオをしぬほど見た
憧れ詰まってる
曲も好き
>|