DJりん

ホーム・アローンのDJりんのレビュー・感想・評価

ホーム・アローン(1990年製作の映画)
4.3
何年経っても大好きな作品。
まず私がこの作品を最後に見たのは恐らく小5、6の時だったけな〜🤔と見ていて思ったし自然とその頃のことを少し思い出した。
これも自分語りになるのだが私の家の近くには割りかし大きめの図書館があり子供の頃からよくそこで本を読んでいた。
そしてそこにはちょっとした映画を見れるスペース等も用意されており、そこでよくこの作品を見ていたな…と色々感傷的な気分になった。
やっぱり昔から何度も見たことのある作品だからどんな流れで何が起きるのかを大体覚えちゃってるけどそれでも面白いって凄いよなと改めて思った。
それに昔は見ていてもほぼほぼ流し見していたシーンも成長した今見てみると意外と深くて心に刺さったりして作品の新しい魅力にも気付くことができた。
しかし今も昔も変わらず思ったのはこんな凄い8歳児いないだろ😂という事だった。
ケビンは作中で初めて泥棒が家に来た時、隠れることしか出来なかった自分は弱虫と言っているが私は全くそうは思わなかった。
もし私がケビンの立場だったら間違いなく泥棒が来た初夜に怖くて固まっている所を襲われて終わると思うから…
こんな感じで感傷に浸りつつ自分の成長を感じつつ新しい作品の魅力を見つけつつ楽しませて貰った。
私は恐らくこの作品をこれからもずっと愛し続けていくと思うからクリスマスシーズンに限らずオールシーズン気が向いたらいつでも見て一緒に歳をとっていきたいなと思った。