mmk

追憶のmmkのレビュー・感想・評価

追憶(1973年製作の映画)
4.0
古い洋画好きのマダムにお借りした一品。ロバートレッドフォードがお好きな方で、何度も観たという作品。

それはさておき、このような形の恋愛模様は身につまされる思いがした人は少なくないのではないでしょうか。
不思議なことに初めはちょっとウザいくらいだった主張の強いケイティの生き方に、後半頃から共感できるようになってること。理想へ向けて前を向く女と、良かった頃を懐古する男。
結局合わなかっただけだったのか、性格の問題ではなく生き方のズレが生じただけ。互いの努力でどうにかなったかもしれないのに、やはりどうにもならなかった。そういう意味でも結局は合わなかったのか。
ただの恋愛映画ではなく、人生の奥深さと切なさを感じました。それでも、最後は清々しく互いを認め合う姿がとても眩しかったです。