凪風

あの日、欲望の大地での凪風のレビュー・感想・評価

あの日、欲望の大地で(2008年製作の映画)
3.6
映画の作品名だけにあまり期待せずに見ました。が、内容的に深いものでした。ちょっとした夫婦の問題、一方は簡単に考え、また一方は深刻に悩んだ結果そういうことに陥ったのかそこはわかりませんが…。そこからの子供たちのことからの過去と現在が交錯しながら語られ、はじめはつながりが分からなかったが、途中からのジェニファーローレンスとシャーリーズセロンとのつながりがもしかしたらと…。火事の原因には驚きました…。ラストはハッピーエンドであることを願うばかりです。