USK

あの日、欲望の大地でのUSKのレビュー・感想・評価

あの日、欲望の大地で(2008年製作の映画)
4.5
「メルキアデスエストラーダ三度の埋葬」が非常に良かったので速攻観てないアリアガ作品をレンタルしてまいりました!
本作は三世代大女優が繰り広げるドロドロ群像劇になっております!
とにかく脚本が巧すぎる!ポールハギスの「サードパーソン」を思い出させる程の巧さ。三つの話が一つにまとまったっ瞬間鳥肌が!
本作は「バベル」に近い構成で造られているので、ラストは意外とスッキリしますが人を選ぶ作品かと。。
浮気相手の娘、息子が結ばれる展開あたりは、アリアガワールドが炸裂してましたね。

物好きな人は是非!