のら

アニー・ホールののらのレビュー・感想・評価

アニー・ホール(1977年製作の映画)
4.0
なぜ私はアニー・ホールと別れることになったのか、彼女と別れるに至るまでの話を男が語るところから始まる。

ウディ・アレンは私生活でもアニー役のダイアン・キートンとつきあっていたので、自伝的な内容と言われてるらしい。
アニーのファッションが今見てもおしゃれ。キーラがはじまりのうたで参考にしたらしい。

ダイアンのあの特徴的なタレ目が、こちらを向いて歌ってる時のあのシーン。元々好きだった人だからあんなシーン撮れたのかな、とか思いながら映画観るの好きです。
恋愛を決して綺麗に描いてはないのに、アニーの歌をバックにこれまでの2人の映像が流れると、やはりちょっとしんみりした気持ちになる。
ああ恋愛って滑稽だわ、って思った絶妙のタイミングであのシーンを入れてくるのがずるい。
劇的な内容でない分、ひとつの恋愛が終わったような。
恋愛のきれいな部分と滑稽な部分両方味わえる映画。