凡々

アニー・ホールの凡々のレビュー・感想・評価

アニー・ホール(1977年製作の映画)
3.8
何というか枯れている。
観ている最中にふと
イン◯テンツというワードが頭の中をよぎる。

所々のジョークで笑えた。渇いた笑い。

何とも言えないなぁ。

現実から回想に行くのはフェリーニを彷彿とさせて、
食事で一人一人がアップになるのは小津安二郎を思い出した。

大人の映画なのだろうか。気の利いたジョークもいいし、都会風なのかもしれないけど、別になあ。

恋愛に関して
まだまだ自分が幼いだけなのかもしれません。

良くも悪くも個性がずば抜けているのがこの映画の凄さ。

リアルさを感じられる会話もいい。
安っぽいメタファーやオマージュも悪くない。
二流感は否めない。
時代を上手く反映している気がする。

妙な消化不良です。