喜劇王の作品情報・感想・評価

「喜劇王」に投稿された感想・評価

aaaaa

aaaaaの感想・評価

3.9
売れない役者と女子高生パブで働くホステスとの恋模様を描いた、チャウ・シンチー異色のハートウォーミングラブコメ。

シンチーはいい年だけど、いつか売れてやるんだ!と公民館の職員をやりながら、エキストラを生業にしている。

撮影現場での扱いは酷いなんてもんじゃなく、これが夢の香港映画の裏の顔?とギョッとしてしまう。

シンチーは散々虐げられた生活を送っていて、その姿が何処と無く寂しく哀しい。

共演のセシリア・チャンがとにかく可愛い! この作品がデビュー作。

ネタバレになるけど、この作品は若干破綻していて、後半になると突然警察潜入物になってしまう。

いじめのシーンが結構陰湿でキツいので、ご注意を。

香港で貧しいながらも直向きに生きる、全ての夢追い人への応援歌といった作品。
正に少林サッカー前夜、シンチー最後の香港映画らしい作品。

ちなみにジャッキー・チェンが何とゲスト出演、一瞬で場面を掻っ攫います。

最後はみんなで「恭喜發財!」と実に香港旧正月映画らしいラスト。
歯

歯の感想・評価

2.5
記録
個人的にチャウ・シンチーのギャグは汚かったり、残酷だったりして、笑えないものが多い。本作もそんなネタばかりなんだけど、カレン・モクがジョン・ウー(『男たちの挽歌』など)のガンアクションとチン・シュウトン(『チャイニーズ・ゴースト・ストーリー』など)の剣技をパロるシーンは爆笑。
ドラマは底辺で生きるエキストラ俳優とホステスの愛と悲哀を面白おかしく描いている。後半では主人公が潜入捜査に巻き込まれる急展開で驚かさせてもくれる。まさに笑いと涙とアクション。低予算でも観客を楽しませようとするチャウ・シンチーのそのサービス精神は認めよう。
チャウ・シンチーの本作の次回作はなんとVFX使いまくりの傑作『少林サッカー』。同監督とは思えない驚異的な飛躍ぶりを見せてくれるぞ。
ym

ymの感想・評価

3.2
面白いけどちょっと忙しい!
m

mの感想・評価

-
2014/02/08
もちこ

もちこの感想・評価

3.2
香港のお正月映画

返還されてから
最近はもうお正月映画ってないのでしょうか?

私の中で、お正月映画は
B級なドタバタ映画という
勝手かつ失礼なイメージがあるのですが

まさしく!
と、いう感じです (^w^)


ただ、そこに
ジャッキー・チェン!
ヾ(≧∀≦*)ノ〃


そういえば
G嫌いの私には
笑えない登場人物が1人いました…
話があっちこっちしてた
相当昔の作品(1999年)

まだシンチーの作風が確立してない時なのかな

ちょっとないなぁってキャラがいる

ヒロインも喚きすぎて引いた

シンチーの貧乏だけどくじけないキャラは鉄板やけど

ストーリーはなんだか曖昧

たまに入るキレイなシルエットでの抱擁は好き

ラブシーンで鼻水めちゃ垂れてるシンチーは大爆笑!

笑えない事はないねんけど

なんか残念やったな

ラストの感動もあんまやったし

エンドロールのメイキングは
この頃から楽しそう
みんなが楽しそうにしてるのを見てる
シンチーの優しい笑顔が良いのよ~😍

ジャッキーチェンがゲストでチョイ役
でもオーラ凄かった❗
山猫舎

山猫舎の感想・評価

4.8
大好きなシンチーの作品の中でも、特に好き。
セシリア・チャンとの「ロンバケ」泣く。
隊長

隊長の感想・評価

2.7
後半はえぇ(;´'-'`)な連続だけどもセシリアチャン可愛いから許せる
>|