ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブの作品情報・感想・評価

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ1999年製作の映画)

BUENA VISTA SOCIAL CLUB

上映日:2000年01月15日

製作国:

上映時間:105分

ジャンル:

3.7

あらすじ

キューバ音楽の古老たちとアルバムを作った友人ライ・クーダーのキューバ再訪の旅に、ヴェンダースは撮影クルーを伴って同行。老ミュージシャンたちを撮影する。全編にキューバ音楽の魅力あふれるドキュメンタリー。映画の最後、カーネギーホール公演のために、彼らは初めてアメリカへ……。

「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に投稿された感想・評価

Sari

Sariの感想・評価

3.9
ヴィム・ヴェンダース オールナイト上映会にて
r

rの感想・評価

3.6
あんな素敵なお年寄りこの世に他にいないのでは!って思った。好きなことをやってる人は永遠に輝いている。物欲にまみれていたらこうなってなかった、みたいなセリフが残る。
キューバの元気なジイさんたちが楽しそうに音楽やってるのは見てるこっちも元気がもらえる。

日本だと演歌になるのだろうか?
誰だ?この作品を「30代、迷ったらこの一作」に選んだのは!ポップに踊らされ借りたら、激渋じゃないか!この作品が刺さるのもっともっと上の世代だろ…
NHKの深夜番組見てるのかと錯覚するようなドキュメンタリー。
ただ登場する人みんな楽しそうに音楽やってたのが良かった。
tomemi

tomemiの感想・評価

4.8
キューバ🇨🇺のミュージシャン達がカーネギーホールでライブ。夢がある😌✨

葉巻にお酒に音楽に、一緒に音を奏でる仲間達がいる😌

音楽大好きな人が大好きって改めて思いました😌
シビれる哀愁。。
コンサートの一発目の音が流れ出した瞬間、涙が出た。
昨今において「その存在意義」すら不確か過ぎる「音楽の力」というのをまざまざと見せつけられたという感じだ。

公開当時、あまりの流行りっぷりに天邪鬼な俺はこの映画を見ない様にしてた。だって誰も彼もが口を揃えて「ブエナビスタ」である。CDも日本で死ぬ程売れただろう。しかも当時はヴィムベンダースなんてこれっぽっちも知らんかった。だから今なのだ。俺は!

つーかヴィムベンダースが撮ったという様な精巧さは無し。
カメラもハンディと今となってはショボいムーブ主体。
映画としてもあまり成立はしてない。
だが、そんなのは何も関係ない。
この企画をやり遂げて、実際に老いたミュージシャンが確実に素晴らしい演奏をする様にただただ感動。

当時に見てたら絶対に理解出来なかった。

また見ます。
ずーーーっと観たいと思ってたのに、観てなくてついに観られた!!

予想通り、めちゃくちゃ良くてキューバに行きたくなった!

とにかく音楽が最高!!酔いしれたー!
加えて、メンバーの人生が垣間見えるインタビューも音楽の良さを高めていて、劇場で観てみたいなー!

とりあえず、レコード買います!
>|