あじむ

いまを生きるのあじむのレビュー・感想・評価

いまを生きる(1989年製作の映画)
4.8
ロビンウィリアムズが先生役と聞き即借りてきました。

全寮制の名門進学校に赴任した新任教師キーティング。大学進学を第一に考える環境の中、生徒たちに詩の美しさを踏まえ、生きる上で大切やことを教える。ちょっと破天荒な授業に、生徒たちは戸惑いつつも徐々に自分のやりたいことを見つけてく……そんなお話です。

教師主役の青春ものとかよくある展開だけれども、生徒それぞれの心情と、キーティングとの関係をバランスよく描いてあり、話の展開も「そうくるか!」の連続でとても楽しめました。

キーティングの詩を通しての授業が心に刺さる!!生徒に教える詩のひとつひとつが、大切な事を教えてくれている気がして自分も授業を受けているかのように思えました

そんなキーティングに惹かれ、自分の道を歩もうとする生徒たち。歩み出すことで生き生きとした姿がこれまた眩しい……今をだらだらと過ごしている自分が情けなく恥ずかしくなってきました。

人生の教科書のような映画!これはもう即買い決定ですね。