キッスで殺せ!の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「キッスで殺せ!」に投稿された感想・評価

tokio

tokioの感想・評価

4.1
Rec.
❶18.09.24,シネマヴェーラ渋谷/「ハリウッド映画史講義特集」へのプレリュード ロバート・アルドリッチの世界(トーク付上映:蓮實重彦)
紫色部

紫色部の感想・評価

4.0
2018.9.24 シネマヴェーラ渋谷(蓮實重彦トークショー)

ハスミンは『ヴェラクルス』『攻撃』『何がジェーンに起ったか?』が嫌いで、特に『ヴェラクルス』は憎悪を催すレベルで嫌いらしい
mfvlt

mfvltの感想・評価

4.0
蓮實重彦がトークショーで「勃起いたしました」「ほとんどこれは勃起ものであるわけですね」と言っていて、愉快で楽しい気持ちになれた
ryosuke

ryosukeの感想・評価

4.6
本当に良い娯楽映画は無駄なシーンが一つもないということが良くわかる傑作。
イカした台詞、シャープな映像、キレッキレの演出、緊張感を高める効果的な音の使用と総合的な完成度が高い流石のアルドリッチ作品。
悪徳にも出ていたウェズリー・アディがかっこいい(実はこいつが黒幕なのではと思ったがハズれた)。
妙な口癖をもつ修理工の友達(ニック・デニス)が強烈。彼が死んでもイマイチへこんでるのかそうでないのか分からない主人公のクズっぷりはフィルムノワールの主人公だなあと思わせる。
人物の名前が多過ぎて若干こんがらがるがまあ雰囲気で理解できてればよい気もする。ロスアラモスやらマンハッタン計画というワードが登場し、放射性物質が出てくるのもだから何やねんという感じだし、主人公も手とは言えあんな思いっきり被爆して大丈夫なのかとか、雑に危険地帯行き過ぎだし敵もさっさと殺せばいいのではとか色々思うがまあどうでもいい。
あともう一つのワードが「三位一体」と訳されていたが、どうやらトリニティ実験のことらしいので「トリニティ」のままにしておいて欲しい感じはある。
ただこれらの細かいことは無視できる圧倒的なエネルギーがあるのが本作である。
タイトル通り一瞬でキスまで持っていくことで有利に物事を進める主人公の現実離れしたモテっぷりや、手がかりがあまりにも次々に見つかっていく展開が若干軽い気もするが、それが軽快なテンポ感にも繋がっている。ビンタは万能。
映像的な山場はやはり最初と最後。
オープニングとクレジットへの入り方のかっこよさが尋常ではない。
ラストは絶叫と自然音が合わさって禍々しい雰囲気を作り出し、ほとんど現実離れした強烈な光が目に刺さる。
ムチコ

ムチコの感想・評価

4.0
みんな変でいろいろ意味がわからなくて良い。

ヒッチハイクで裸足で乗ってきた女がGSに平気で降りちゃう。
お気に入りはあまり意味をなしていないように思われるプールのシーン。
dailyfroth

dailyfrothの感想・評価

5.0
PFFでようやく観たけど映画のすべてが詰まっているタイプの1本で最高だった。degital。
Marrikuri

Marrikuriの感想・評価

2.0
ストーリーが面白くない。ヒッチハイクの摑みはよいけど、以後ずっと小忙しいばかりで冴えず。どんな文体で再ノベライズしたって、コレじゃ江戸川乱歩賞は一次選考さえ突破できないな。
後半の自白剤~海らへんからパワーが凝集したようだけど再びばらけた。鍵の見つかり方とか、話がやっぱブサイクすぎ。
音楽で煽り立ててるのも何だかね。まるで地味顔の子がアイレシピに熱中しすぎて盛りメイクの詐欺メイクのアゲハメイクしたつもりが「おてもやん」にしかなれませんでしたって感じのお疲れ映画。「整形・ダイエット・くびれづくり」などして土台を何とかしなきゃダメだった。
でもまあ、探偵と警部の美男対峙には高級クリームチーズ感あった。

ラストがやけに盛り上がったので、少し加点して2点台を私からプレゼント。
湯卯樹

湯卯樹の感想・評価

3.5
なんだか、よくわからなかったが、かっこよかったし、謎なとこは良かった。
Hero

Heroの感想・評価

3.5
冒頭とラスト、いかしたタイトルで観客を強引に納得させるB級アクションノワールSFコメディ。私立探偵濱マイクならぬハマーマイクが精神病院から抜け出した破廉恥ヒッチハイカーを車に乗せたことにより巻き込まれた摩訶不思議ワールド。リンチの『ロスト・ハイウェイ』、李相日の『悪人』を彷彿とさせる成瀬と対極なローアングルの足許カットでテンションが爆上がるが、その後の演劇然とした会話中心のゆったりした展開には辟易、プロットの限界詰めの甘さを濱マイクの平手打ちで悉く誤魔化すその大胆さというか大雑把な映画観は『北国の帝王』の粘土みたいなビビッドカラーの血糊で裏が取れてるし、もはやそこに文句を言っていたらアルドリッチを観る資格はないが、千鳥風に一言だけ言わせてもらいたい、、、いやどーゆう映画これ。

《PFF2018 ロバートアルドリッチ監督特集》
ダンディな探偵マイクハマーがザコは全部ビンタで倒してくのが印象的。