パリ猫ディノの夜の作品情報・感想・評価

パリ猫ディノの夜2010年製作の映画)

UNE VIE DE CHAT

上映日:2013年07月13日

製作国:

上映時間:70分

3.8

「パリ猫ディノの夜」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

3.5
日本のアニメーションにはちょっとみない絵画のような味わいのある作品です。登場人物も怪盗と猫と少女にギャングの一味とちょっとサスペンスな感じです。屋根の上をみんながぴょんぴょんひゅるひゅる飛び越えて行く逃走劇もパリの街並みが感じられて洒落てます。ネコもクールなのよ。
ちょっと「進撃の巨人」ぽいのがパリの街を闊歩します。

しかし、ラストは、ママ、それでいいのか?ま、復讐は果たされたからいいのか。
みるこ

みるこの感想・評価

4.8
意外にオトナ向けかな。
夫婦でしみじみ見ました。
ワイン飲みながら鑑賞もいいです。
うるさくないので。

お母さんの苦しみ、ほんと切ない。
でも最後は良かったけど。

暖かい絵で味わいがあります。
でも人生のエグさもある。
かなり好き。
rimi

rimiの感想・評価

2.5
若干アメコミ風で好きなテイストの絵じゃなかった。
でも猫の動きとか、泥棒のにゅるっとした動きとか、パリの夜の街や屋根は可愛らしかった。
ストーリーに新鮮味はない。
ll

llの感想・評価

4.0
初めてわざわざ、
こういう海外のアニメ映画を映画館に観に行ったのが、このパリ猫ディノの夜。

インテリアとして家で上映したい映画シリーズ。
カモメ

カモメの感想・評価

3.5
絵本や絵画のような絵が特徴的。
かなりデフォルメされていますが、猫の動きが本物に近いしなやかで良かったです。

お父さんを亡くして失言症になってしまった女の子ゾエと、お父さんの分まで働く為に頑張るけれどゾエと向き合う時間が取れないと思うお母さんの家庭。
心優しいけれど独りぼっちだと感じてる怪盗のニコの家。
この二つを渡り歩く(?)猫ディノのお話。

ハートフル物語かと思っていましたが、内容は結構不穏な感じでビックリしました。
フランス産バンドデシネの秀作。エルジェ(タンタン作者)より個性的だけど…松本大洋に近いと感じるかも😅
色づかいはさすが綺麗です✨

Bande dessinée en france.C'était intéressant😌✨C'était propre couleur😆

▼失語症の少女ゾエ👧。愛猫ディノ。
ディノ😺は夜な夜な散歩してゾエにトカゲをプレゼント。家政婦クロディーヌとママを待つゾエ👧
ディノ😺は時折、優しい怪盗ニコの相棒も務めている。少女ゾエ👧のママは警視で、ゾエの父を殺したギャング🔫のヴィクトル・コスタを追っている。

情報によるとヴィクトル・コスタは「ナイロビの巨像」を手に入れようと動いているらしい。そして家政婦クロディーヌは実はコスタの妻だった。事件に巻き込まるゾエ👧…ディノ😺と怪盗ニコは、その敏捷性を武器にヴィクトル・コスタに立ち向かう!ゾエ👧の運命やいかに!

▼ディノ😺がゾエ👧の懐に忍び込んで眠る所が好き😌ウチの猫😺も懐で眠ります(冬限定)
特典映像の作画シーンが面白い。寒色のクレヨンで描くパリの夜景。試行錯誤した脚本。線と色。脚本第二案も、とても面白そうでしたよ😌
MTmovie

MTmovieの感想・評価

3.8
#57 やっと観られた。オシャレ。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

4.0
(過去鑑賞記録用)

フランスのアニメーション映画を観るのが初めて。

絵本が動いているような温かい色使いも可愛いです(n´v`n) 

手作りな感じが最高!

【追記】
たしか映画館で、紅茶スプーンのノベルティを配ってた覚えがある。ヒューマントラスト渋谷は時々、お菓子とかハンドクリームとか映画ノベルティくれる。嬉しい。
>|