パリ猫ディノの夜の作品情報・感想・評価

パリ猫ディノの夜2010年製作の映画)

UNE VIE DE CHAT

上映日:2013年07月13日

製作国:

上映時間:70分

3.8

「パリ猫ディノの夜」に投稿された感想・評価

外は雨

外は雨の感想・評価

3.5
日本のアニメーションにはちょっとみない絵画のような味わいのある作品です。登場人物も怪盗と猫と少女にギャングの一味とちょっとサスペンスな感じです。屋根の上をみんながぴょんぴょんひゅるひゅる飛び越えて行く逃走劇もパリの街並みが感じられて洒落てます。ネコもクールなのよ。
ちょっと「進撃の巨人」ぽいのがパリの街を闊歩します。

しかし、ラストは、ママ、それでいいのか?ま、復讐は果たされたからいいのか。
MTmovie

MTmovieの感想・評価

3.8
#57 やっと観られた。オシャレ。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

4.0
(過去鑑賞記録用)

フランスのアニメーション映画を観るのが初めて。

絵本が動いているような温かい色使いも可愛いです(n´v`n) 

手作りな感じが最高!

【追記】
たしか映画館で、紅茶スプーンのノベルティを配ってた覚えがある。ヒューマントラスト渋谷は時々、お菓子とかハンドクリームとか映画ノベルティくれる。嬉しい。
Marrison

Marrisonの感想・評価

1.0
邦題に「パリ」を入れときゃ集客できるだろうっていう、ア●横で売られてる薄々の香水みたいなバッタ品映画の典型例。
新味ない上に物語弱すぎ。キャラクターデザイン魅力0だし、美術全体も寒し。トランペットうざい。サイアクなのは、猫への慈愛も尊重も感じ取らせず猫をノワール映画の単なる武器凶器としてしかみていない点。全世界の飼い猫さまに謝るべきだよ。
こんな“躾けもされてない”みたいな不良作に一時間以上つきあうよりも(もうつきあっちゃったけど、、)カリ城を片目で一分間味わった方が心がはるかに豊かになる。ルパンの故郷だってのに仏蘭西は世界アニメの先頭から七周半ぐらい後(おく)れてるみたいだから、ピットインして反省してなさい。
ディノが可愛いし、フランス語が素敵でした(´∀`=)
昼間は普通の飼い猫のディノにも夜は別の顔があるんだぜ☆って感じのお洒落な映画。
舞台が夜のパリなので、パリの素晴らしく美しい夜景も堪能出来て、パリ好きにも夜景好きにも堪らないアニメーションとなっております。
美しいパリの夜景をバックに、なんだか独特の動きをする猫や人間。
このアンバランスさがシュールで大好きだった。

奇妙でどこか不気味な雰囲気も終始あって、きっとこれは「ベルヴィルランデブー 」が好きな人なら一瞬で気に入るかと!
mii

miiの感想・評価

2.5
フランスアニメは面白い🐱💗
Aki

Akiの感想・評価

4.0
アニメ映画ながらもフランスらしい所はたくさん、猫が渋くて好きな映画です。
音楽がとても好きです。
アニメ映画が観たくなって選んだ作品。
ニコのことをもっと掘り下げて欲しいと思った。
パリの街もフランス語も素敵だね!
>|