やま

恐怖分子のやまのレビュー・感想・評価

恐怖分子(1986年製作の映画)
4.4
素晴らしいと言っていいほど全てが詰まった吐き気。

映画、漫画、アニメに闇を抱えたキャラが登場することがあるが、かっこよかったり、自分が掴めないようなある種の憧れのようなものをそのキャラに抱くことがありますが、この映画はそういったキャラの闇というものを全体的に映像で出している。それぞれの人物たちの先の見えない不安であったりを、光を交えつつ、圧倒的に影を大きく出して演出している。その影に観客は惹かれるのではないだろうか。

自分は素晴らしい写真を撮れるのだと自負するキャラがいるからか、全てのショットが一つ一つの写真のようで、美しい。風になびかれるカーテンのように光を感じるシーンもありながら、暗い灯りひとつのシーンで闇を大きく出すシーンもあったり、様々なシーンが個性を出してる。不用意にカメラを動かさない感じも僕の好みであった。

「クーリンチェ少年殺人事件」を観る前に、前にあまり理解できなかった今作をじっくりと観たが素晴らしすぎた。
エドワードヤン監督の生み出す世界観にただただ夢中にさせられました。

ラスト15分があまりに悲劇的だった。そんな事をしたところで何も解決しない。そう思った彼の最後の行動に涙が出そうになった。傑作に間違いなし。