norikato

恐怖分子のnorikatoのレビュー・感想・評価

恐怖分子(1986年製作の映画)
4.2
リーチュンの、「今日やっと、課長に昇格したんだ」の時の笑顔が怖すぎて忘れられない
夢なのか現実なのかが交錯するところ、見事だった。エドワードヤンは、光と影の使い方が本当に凄い。

特にこの映画では、何かに映る姿がポイントになってるような気がした。鏡で自分を見つめるシーンとか、ガラスに別の風景が映ったりとか、写真とか…
また見直したい