恐怖分子の作品情報・感想・評価

「恐怖分子」に投稿された感想・評価

みん

みんの感想・評価

3.3
夫婦や恋人、友だちの些細なすれ違いが些細な出来事によって大きく歪んでいく切ない映画

眠い!眠くて一瞬意識が飛んだのにラストでググッと引き込まれた

すごく静かで時間の進みが遅く、息苦しくて早く終わって欲しいとすら思いました…でも、退屈ということではなくてあくまで良い意味!
いしが

いしがの感想・評価

4.5
わからせないことによる不安。
想像こそが最大の恐怖を生むということを学んだ。
これは何も恐怖だけでなく、他の様々な感情、エンターテイメントにも言えることだと思う。
知人の映画通がこの監督をやたらと絶賛している理由が少しはわかってきたかも。
ラスト付近、刑事に嘘をつきまくるシーンの医者の笑顔からの無表情が衝撃的過ぎてしばらく頭にこびりついていた。
C

Cの感想・評価

4.5
登場人物それぞれがあまり多くを語らないのにも関わらず、映像と話の持って行き方だけでここまで魅せれる事が本当に素晴らしい。自分の好みにドンピシャでした。
もちこ

もちこの感想・評価

4.0
構図がきれい。どの場面も絵画になるくらい計算された美を感じた。
80年代とは思えません。
大野

大野の感想・評価

-
女の横への強い視線。
ハーフのシューアンは、明るい場所に繰り出されることで事後的に自分の置かれた状況を理解していく。ex)彼氏が殺人を犯し、自分も逃げる立場にいること。ホテルにいること。シャオチェンが写真を組み合わせ、彼女の大写真を部屋に作っていること。
白い衣装を皆が着ることで、後半の医師リーチョンを上から捉えるロングショットが際立つ(彼のスーツ姿が)。また、たまに出てくる部屋の中の緑は気になる。これは郊外の色という感じに見える。都市の映画において異色。
夢から覚めた後の死んだリーチョンの正面からの全身ショットは余りに痛切。闇に紛れて輪郭は曖昧となり、生者の身体でないことが瞬時に認識できる。
現実で見せつけられるのは「死に様」なんてものではなく、「死」なのである。
一般人

一般人の感想・評価

4.6
ヤバ過ぎます…
全て理解した上で、最初から観たい。

いやー、困った。困った。
何を書いたらいいか、全然分からない
たまーに、こういう映画に出会う時がある。
そういう時は、たいてい映画と関係ない話をして誤魔化すのだが。
さて、さて、どうしたものか。

正直言うと、話が理解できなかった。
映像が、とても静かで、冷たい。他の映画とは少し変わった映像表現に観入ってしまうのだが、話が全然見えてこない。
映画の雰囲気は悪くないので、最後までボーっと画面を眺めているだけだった。そしたら、ラストで急に・・・。

なるほど。恐怖分子。
全てが、このラストで繋がった感じがした。
ラストシーンに、ふーっと溜息をつき鳥肌がたった。

なにこれ、なにこの感じ。
全てを知ったうえで、もう一度最初から観ると、きっとこの映画の見方が変わるはず。いや、絶対変わる。

なんか知らないけど、怖い。

wowow
正義の鉄拳タイムおじさん突然の凶器攻撃に無念の退場
senna

sennaの感想・評価

4.8
これも映像文化論にて観覧
>|