恐怖分子の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

恐怖分子1986年製作の映画)

製作国:

上映時間:109分

4.0

あらすじ

台北を舞台に、3組の男女の姿を通して、図らずも他人を傷つけながら生きる、都会人の殺伐たる生きざまを描いた一編。犯罪、いたずら電話、夫婦の不和、不倫といった都会ならではの事象を、鋭敏なタッチで切り取った傑作。

「恐怖分子」に投稿された感想・評価

華

華の感想・評価

3.0
衝動的に、冷静に。人生にはこういう分岐点がたくさんある。
poem

poemの感想・評価

4.5
夜中に眠気と戦いながら鑑賞したことも相俟って一度では全く理解できず連続で二回鑑賞。
この映画の魅力と本質に1/10も気づけてないと思うが、兎に角圧巻の一言に尽きる映画だった。お陰様でエドワード・ヤン作品安定の鑑賞後の脳内パンク状態に陥った。笑

空想の中の自分と現実の自分の対比、同じ空間にいながら別次元にいるような登場人物同士の距離感など、異質な世界観を帯びているように思えた。引きの画を撮った時も、ある一つの物だけが、静止した世界を動く違和感を覚える。良い意味で、世界が嘘くさい。まるで終始イーフェンの小説を読んでいるようだった。

昼か夜か語り合うあのシーンは絶妙であった。あの暗室が、当時の台湾という国の背景を象徴しているのかと勝手に解釈したのだがおそらく間違っているのでしょう笑
たく

たくの感想・評価

3.9
エドワードヤン2作品目(私が観るのが)

この次の作品「牯嶺街少年殺人事件」ほどオオッ..と唸らされる絵は少ないものの、やっぱり才能の塊だな〜。と思う撮り方が多い。

お話も、ちゃんと整理すると面白いと思います。置いてかれないように。

私は後の方を望んでいたので、そっか。そっちを選んだんだね。よかった。と思いました。
そこで終わってくれるのか、という終わり方だったので、そこもすごく好きです。

ただし全部の解説を聞かないと理解しきれない映画だと思うし、わかりやすく「どう思うか」という疑問を投げかけられる映画でもないので、その辺がモヤモヤなんとも言えない気持ちにさせられるのかな、と思います。

考えるよりは感覚的に観るのがベストな映画だと思います。
oharu

oharuの感想・評価

-
写真ヒラヒラ〜 → プールどかーん
シーンに 息止まる感覚🏊🏊🏊

そして電話の色、洗面台の色〜〜
エドワードヤンの作品見る度に
台湾の1980年代が気になりまくる。。
日本と雰囲気は近いのかな。。
はね

はねの感想・評価

3.8
エドワード・ヤンは素晴らしいとよく聞くので見てみたけど、、、

カメラワークっていうのか、演じ者達の目線とか、撮る角度とかこんなに古い映画なのに、素晴らしすぎる!

物語は1度見ただけでは私には理解出来ず、いろんな方の解説を読んでみたりしてやっとなんとなく分かってきた感じ。

でも、人って全てを失った時の喪失感、からの嘘で固めた強がり見栄、殺気、挫折、とにかくラスト20分はとても重い。そこが良かった!
海老天

海老天の感想・評価

5.0
素晴らしかった。悲しいです。
#067
初 エドワード・ヤン。
スローで始まってラストにバババーン!って、ハッ!って終わる。
鼻

鼻の感想・評価

3.9
すごくこだわりを感じる美しい画面にポーっとしていたら、ギュッとなるような最後で殴られた感じ。
一見関係のない登場人物たちが錯綜したときゾワっとした
エドワードヤン見た中で1番好き