がく

ブレードランナーのがくのレビュー・感想・評価

ブレードランナー(1982年製作の映画)
3.8
1982年。
CGの使われている場面が今ほど多くなく、作り込まれた世界観が、リアルな質感により明暗巧みに演出されていて、映画の楽しみってこういうものだなと思わせてくれる。
そして古くない。
今の時代、未来感の演出をガジェットなど小物に安易に頼りそうだ。本作品は、人間の本質や生命の尊厳をテーマにしているが、テーマを描き出すためのSFであって、闇雲に未来感を利用していない点が好感度高し。
登場キャラが多くなく、それぞれ個性的なので、飽きることなくじっくり鑑賞できるのも良い。