ブレードランナーの作品情報・感想・評価

ブレードランナー1982年製作の映画)

BLADE RUNNER

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.8

「ブレードランナー」に投稿された感想・評価

30年以上経った今もまったく色褪せない独創性。リドリースコットの代表作であると同時にSF映画界の金字塔としていまだに君臨し続ける究極の傑作SF。未来を描いた映画でありながら誰一人として幸せそうな登場人物は出てきません。どんよりした黒雲が立ち込め酸性雨が降り続ける空が全編を覆っています。

もとはといえばこの暗黒な未来社会を生み出したのも、反逆を起こすレプリカントも人類が誇る先進技術の産物なわけです。ひたすら暗く湿っぽい近未来で、人工知能は自由の意味と命の重さを愚かな人類に訴えてきます。

本作の重要なファクトである、このレプリカントという人造人間。人類の叡智の結晶であり愚の骨頂でもある。人類は自らの創造物に責任を持ちません。生活に必要なもの、新しい技術を生かせるもの、商品化すれば売れるもの。次々にテクノロジーを駆使して”モノ”を作ることに情熱は傾けても生まれたものを育てることはせずにアップデートという名の処分を行い続ける。

そんな人類の自業自得的な悪夢の顛末と人類により生み出された”モノ”たちの自己探求とがシンプルに絡み合い映画は進みます。ときにはハードボイルドな刑事もの、ときにはロミオとジュリエットのような立場を超越したラブストーリーもの、そして銃弾と肉体を駆使してぶつかり合うアクションもの。様々な要素を盛り込みながら、ストーリーの核となる命・自由・創造が生み出す残酷さを映し出すという極めて異色な映画です。

ブレードランナーの世界に見せられたあなたは是非「デンジャラス・デイズ メイキング・オブ・ブレードランナー」を観てみてほしいです。当時の想像を絶する壮絶に過酷な撮影裏話が聞けて、ブレードランナーの魅力が倍増します。
pool

poolの感想・評価

3.8
靄がかったようなくすんだ色味の映像はすっごく好きだけど、独特やな〜〜ついてけんな〜〜とボケっとしてたら、「俺はお前たち人間には信じられない光景を見てきた」のところから急に見入ってしまった
バッティのここからのセリフをきくためだけにこの映画をみる価値はある気がする
Ren

Renの感想・評価

3.5
未来の地球が荒廃している情景や暗い世界観が好き。レプリカントの存在を通して、命とは、人間とはが訴えかけられる。このテーマが深い。
Takuya

Takuyaの感想・評価

2.0
2018年12作目。

主人公の語りが死ぬほど邪魔くさかった。
そこでその語りしたら考察の余地がないだろとしか思えない。
だ

だの感想・評価

3.4
ストーリー的には微妙かな〜。
サイバーパンクな世界観、プログレッシブな美術性が際立ってた。当時の映画としてはかなり目立ったのなと。

デッカードよりロイのが人間的でデッカードとレイチェルのラブシーンはなんだかレプリカント同士の恋愛模様を見てるみたいで不気味だった。
akr

akrの感想・評価

2.8
え…
全然面白くない…

特異なビジュアルから映画公開直後にいろんなハイブランドがこの映画にインスピレーション受けたコレクションを発表したのはまだ理解できるけど、本当に面白くない…

SF苦手意識まだまだ克服できず。
mahomemon

mahomemonの感想・評価

3.3
鳩飛ぶよねーw
SUI

SUIの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

人間であるはずのデッカード(ハリソン・フォード)よりもレプリカントであるロイ(ルトガー・ハウアー)の方が人間臭く、また人間性も優れていて魅力にあふれているように感じる。
それだけに、主役であるはずのデッカードの情けなさが、無駄に際立ってしまった印象を受ける。

エージェントがデッカードに接触した時に伝わらない言葉で話してたことは、そのあと普通に英語で会話していたところから見ても、そこに意味はない。
それらの要素とデッカードが実はレプリカントだったという後付けされた裏設定、またのちに何パターンもの編集バージョンが発表されていることを合わせて鑑みると、監督であるリドリー・スコットのその場の思いつきで改変されることで作品の軸がぶれ、細部の調和が取れていないように感じてならない。
それは、デッカードの行動に前後の脈絡がなく、場当たり的にストーリが進行されるところに顕著に表れている。

個人的にはクライマックスの、デッカードとロイとの対決シーンだけが見どころ。
ロイ役のルトガー・ハウアーのかっこよさよ。

あくまで個人的な感想として、SF作品のエポックメイキング的な存在の当作だけど、残念ながらそこまで持て囃されるほどの魅力を見出すことができなかった。
tottsun

tottsunの感想・評価

3.5
私が最近見た映画119
「BLADE RUNNER」
続編が公開されるということで旦那さんたっての希望で見ることにしました。
時は未来2019年。
植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが……。
雰囲気としてはターミネーター×バックトゥザフューチャー×スターウォーズのような作品でした。
当時としては色々新しかったんだろうなと。日本も出てくるのですが正直ツッコミどころ満載で、ある意味不気味でした。
2019年なんて来年ですが、やっぱり車は空飛ばないかな…
あと少しでBLADE RUNNER2049が公開されますが、1より映像技術等進歩、進化してると思うのである意味楽しみです!
公開当時ならインパクト絶大なんだろうけど…私的には☆☆☆.5かな。
>|