ブレードランナーの作品情報・感想・評価

ブレードランナー1982年製作の映画)

BLADE RUNNER

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.8

「ブレードランナー」に投稿された感想・評価

bouze

bouzeの感想・評価

2.0
古すぎてキツい
とく

とくの感想・評価

4.0
ラスト30分は圧倒的集中できる。
名作だと感じた。
SHO

SHOの感想・評価

4.2
ロボットアクション映画として見るべからず。しっかりとしたロボット倫理というテーマに根付いて描かれた作品。

淡々と物語は進むが、
逆にその演出がレプリカントと人間の交流というテーマにおいて
レプリカント側の感情起伏をわかりやすく浮き彫りにしてくれる。(特にレイチェル)

近未来の映像化も良く表現できているが、個人的にはルドガーハウアー演じるレプリカントのラストシーンが忘れられない。
この作品を見る観る少し前に『月に囚われた男』を観たため、クローンの寿命の設定や記憶について共通するところがあり非常に見やすかった。

近未来の街並みっていいよね!ただ、この映画の街並みは薄汚くてガヤガヤしててあまり好みではありませんでした、、、
『トータルリコール』とかの街並みが綺麗で好き。その点において古めの映画は不利ですよね、、、

映画の後半は「ギャグやん」って思ってしまうくらい狂ったシーンが多かった。デーモンメイクの女がのたうち回るところとかなかなか寒かった。

この映画の素晴らしいところはクローン技術がそこまで進歩していない時代に製作されたにもかかわらず、クローンによってもたらされる問題を多角的に表現し、かつクローン自身が抱える問題点にも着目しているところです。

クローンってどうなんやろね。アリかナシか。クローンについて5分くらい誰かと話したくなる映画。
HirokiTkd

HirokiTkdの感想・評価

3.9
生前にできたとは思えないグラフィック。そして独特の世界観。
KUNICOOPER

KUNICOOPERの感想・評価

4.2
過去記録
P・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作に、近未来を舞台に展開するアンドロイドたちの物語を描いたSFサスペンスで、その卓越した近未来描写により、多くのファンを持つカルト作品。植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走した。彼らの捕獲を依頼された“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが……。
oo

ooの感想・評価

3.5
映画好きでもないうちのオカンが唯一VHSを所持している映画、SFの金字塔とされる。観ないわけにはいかない映画だった。
>|