Ryo

レナードの朝のRyoのレビュー・感想・評価

レナードの朝(1990年製作の映画)
4.3
人生で行き詰まったときに見て欲しい作品です。人生の楽しさを教えてくれます。実話を基にしてます。

まず、ロビンウィリアムズとロバートデニーロの演技が大好き。
30年間の眠りから目覚めたレナードは色んな事を学びます。「孤独に、何もしない生活なんて眠ってるのはあんたらだ」と言われ心に刺さりました。1969年の奇跡もつかの間。患者達は再び深い眠りについてしまう。レナードの元気な頃のビデオを見ながらロビンウィリアムズが「僕は親切か? 死んでる患者を生き返らせて再び死なせることが親切か?」と自分を責めるようなあのシーンで泣いちゃいます(T_T)

こーゆう映画は色んな事を教えてくれますね〜




“The human spirit is more powerful than any drug and that is what needs to be nourished: with work, play, friendship and family. These are the things that matter.”
”人間の精神力はどんな薬よりも強力です。その力は仕事、遊び、友人、家族によって養われます。それが一番大切なことです。”