あじむ

レナードの朝のあじむのネタバレレビュー・内容・結末

レナードの朝(1990年製作の映画)
4.0

このレビューはネタバレを含みます

ロビン・ウィリアムズが出演していると知り鑑賞。


ロビン・ウィリアムズのこの温かさを感じさせる演技にはほんとうに幸せな気持ちにさせてもらえます。改めて好きになりました。

「レナードの朝」……この邦題から、てっきりすべて上手くいく単純な話かなと思ったらまさかの展開。病が回復し、希望に満ちていたレナード。そんな彼の病が徐々に再発し、進んでいく様がひたすらにつらかった……。そして語らずとも全てを物語る終盤のあの患者たちのいる病院の光景が頭から離れない……


そんな中、必死で奮闘するセイヤー博士。こんなにも素晴らしい人を演じて、なんの疑問もなく映画に引き込まれるのはロビン・ウィリアムズだからでしょうか……

今も研究を続けているセイヤー博士。完全な治療法が発見されることを心から祈ります。