ロスト・イン・トランスレーションの作品情報・感想・評価

「ロスト・イン・トランスレーション」に投稿された感想・評価

桜子

桜子の感想・評価

3.9
東京の雑踏が、喧騒が美しくもどこか虚しく描かれたお洒落映画。
相手が何を言ってるのか解らない、解ってもらえない、その戸惑いと疲労感を共有して、2人が惹かれあっていく。その演出が素敵。

トランスレーションの過程で欠如してしまうものがある。それは詩や文学でもよく言われるけど、何か蓋をしたような上滑りのもどかしい会話の中では、真意や本音すらも失われてしまうのかもしれない。特にウイスキーの撮影はそうだった。

あとスカーレット・ヨハンソンがとにかく可愛い、、
すが

すがの感想・評価

3.8
藤井隆出て来て笑った LとR区別できないとことか、めちゃめちゃ簡潔に意訳するとことか、中身のないバラエティー番組とか、日本のことめちゃくちゃ観察してるな〜すごい 日本のどことなく空虚な感じがものすごく映像に出てる すげえ 外国人なのに、はっぴいえんど選ぶセンスよ
傑作。哀愁漂う映像が素晴らしい。
eanak

eanakの感想・評価

4.5
定期的に観たくなる。数年ぶりに観たらカラオケシーンとエンドロールで流れるはっぴいえんどに初めて気付いて嬉しい。笑
日本人、東京という都市のディテールが良く描かれてると思う。大人の切ない恋愛
M川A氏

M川A氏の感想・評価

4.1
親譲りの美的センスが冴え渡った傑作。この脚本を書いたソフィアコッポラも同じ様な体験をしたのかな?
地方出身の僕は東京が大好きなので、彼ら外国人と大体同じ目線を共有できていた様に思う。
主役二人とも最高だった。特にビル・マーレイのラストシーンの笑顔にはやられる。
京都のシーン、PV味が凄いけどそれもまたgood.
カメラワークでも外人の異国の街での困惑をうまく表現できていた様に思える。
通訳のシーンも含め、色んな意味で外国語を学ぶ意味が本当に解った(なお英弱
yuzu

yuzuの感想・評価

4.6
東京は寂しい人たちの集まる場所。

終始寂しくて、でも暖かい気持ちにもなる映画でした。
yuna

yunaの感想・評価

3.5
これが東京の全てだとは思わないけど、大部分が否めない…。
通訳する時に言葉が落ちているのと似たように、夫婦間でもコミュニケーションにずれがあることを感じた。
おじさんと若い娘の恋が、少しリアル。現実を考えて遠慮し合うところも日本的なのかな
moe

moeの感想・評価

4.6
この映画観てから東京の雑踏の中で感じる孤独、嫌いじゃなくなった
たなち

たなちの感想・評価

3.8
ソフィアコッポラの日本
スカヨハがやっぱり良かった。
コッポラの本当に何気ない情景をおしゃれに描く才能
>|