ロスト・イン・トランスレーションの作品情報・感想・評価

「ロスト・イン・トランスレーション」に投稿された感想・評価

Taul

Taulの感想・評価

4.0
『ロスト・イン・トランスレーション』BS録画で鑑賞。初ソフィア・コッポラ。敬遠してたが素晴らしかった。これは監督がかつて異国で寂しかった自分をぎゅっと抱きしめてあげたいと思って撮った作品では。ナルシズムにならず中年男の視点とその関係を入れたのが秀逸。東京の描写も実に的確だった。

設定に無縁の自分でも、新しい環境に入った時の疎外感や人間関係がこじれた時の孤独を思い出し、感情移入できた。プライベートな経験や感覚を気負わず描いたので普遍性を持ったのではないだろうか。恋愛や教訓臭くない心の触れ合いで終わる粋。誤解を恐れずに言うと最高の雰囲気映画ではないだろうか。
ATSUKO

ATSUKOの感想・評価

3.3


東京

外国人にとっては壁が大きいかも
しれないなと改めておもった。
文化の違いもあるけど
言語の壁が大きい

日本人にとっても、外国人にとっても
もっと日本人が英語を話せるように
なればなーって思いました
kaede

kaedeの感想・評価

3.4
外国から見た日本…笑
内容はともかく、ソフィアコッポラの作品と相性がいいのか雰囲気が心地いい。スカヨハ綺麗。
翔海

翔海の感想・評価

3.7
空港のアナウンスは吹き替えにしたかと思わせたが、見たことのある新宿の街並みにこれは東京が舞台だと気づかさせれる。

異国の街に慣れぬ二人の物語。見方を変えるとこう見えるのかと関心するばかりだった。コッポラの作品は初だったのですごく新鮮な印象を持った作品。
なにが良いのか説明できないが、本当に好きなお気に入りの映画です。
dohi

dohiの感想・評価

-
こんな日本イヤだ
一人で街に行った時の孤独感というか楽しもうとしても満たされないあの感じを味わえた
萌子

萌子の感想・評価

3.6
外国人からみた東京がおもしろい。

マイブラにジザメリ。
Just Like Honeyだいすき。

ボブがシャーロットに言った言葉が明かされていないところもすてき。
>|