ロスト・イン・トランスレーションの作品情報・感想・評価

ロスト・イン・トランスレーション2003年製作の映画)

LOST IN TRANSLATION

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.6

「ロスト・イン・トランスレーション」に投稿された感想・評価

haikei

haikeiの感想・評価

-
この映画を初めて見てからかれこれ十年以上経つ。初めて見たのは梅田のロフト地下にある、確かシネリーブルだったと思う。鬱屈とした大学生活に一筋の光を与えてくれた。憧れの全てが詰まった映画。
ひとみ

ひとみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時々うんざりさせられる、東京のキラキラしたネオンや人混みも、全部がロマンチックに見える

自分は日本人だから、外から見た日本の独特さや素敵なところ、外国の人ほどは理解できないんだろう

東京には人がたくさんいるのに、自分のことを理解してくれる人は一人もいない。
でも言葉が通じる者同士の、ちょっぴり宙に浮いた二人だけの世界観がよかった

最後のハグのシーン、耳元で何を話していたのかな?
二人だけの秘密、いいな♡
ストーリーはありきたりで面白いと思わなかったけど、外国人から見た東京の良いところと悪いところの描き方は面白かった。
rico

ricoの感想・評価

4.2
ぜんぶ懐かしくて、当時らしさ満載。センスいい。ぜんぶ好き。
Fg

Fgの感想・評価

3.4
夫の仕事の付き添いで東京にしばらく滞在することになったスカヨハとCM撮影で日本を訪れたビル・マーレイ。
お互いに家族もいて一見すると幸せそうな生活だが、心の空虚感、異国の疎外感、家族にもうまく伝えられない心の内。特に何かを語り合う訳ではないけど、真の心の友になっていく。2人の距離の狭めかたが繊細でよい
Lost in Translationとあるように異国に来て通訳を通しても真意が伝わらず違うニュアンスになること以外にも2人の心の空虚感を伝えようとしても誰にも伝わらない、伝えられずもどかしい様を映し出してる
T

Tの感想・評価

4.0
ロマンティック
霞んだ感じのフィルターが東京によく似合う
みうら

みうらの感想・評価

4.0
虚無感が、
美しく丁寧に撮られている。
>|