mingo

百年恋歌のmingoのレビュー・感想・評価

百年恋歌(2005年製作の映画)
3.7
「恋愛」「自由」「青春」と3つのパートに分かれてて、観やすい。「恋愛」パートの冒頭ではフンクイの少年同様ビリヤード好きだな〜ていう。恋愛の会えないもどかしさからの手繋ぎ。自由では言えないもどかしさ。青春の結ばれないもどかしさ。伝えたいことが率直で素晴らしい。

今までの侯孝賢よりテーマ性を少し弱くしてセンスで作った作品のような気がする。時代を旅する恋、なんて洒脱なことで映画を撮るのだろうか…

決してロマンティックすぎるわけでもないけど、2人だけに流れる時間をただ観るというのは至福の時間である。