りほこ

シャーロットのおくりもののりほこのレビュー・感想・評価

シャーロットのおくりもの(2006年製作の映画)
-
1950年代に出版された児童図書の映像化作品。今年の上映会作品でした。関わり始めて今年で4年目とは感慨深い、、。
この映画が私にとって特別である理由は次で記録したいと思います。

命の尊さを描いた、動物目線の素敵な映画でした。子豚と嫌われ者の蜘蛛シャーロットが納屋のみんなとで平凡な街に奇跡を起こす。"平凡と平凡がぶつかり合うと、奇跡が起きる"