水の中のナイフの作品情報・感想・評価

「水の中のナイフ」に投稿された感想・評価

たいら

たいらの感想・評価

3.3
登場人物は富豪夫婦と若者男性の3人のみ。
ヨットに乗ってほぼ海の上でのやり取り。

久しぶりにヨットの臨場感があった。
メインセールやジブセール、タックのときの場所移動とか。
止まるときはジブセールを逆側に引いたら止まったと思うんやけど。。。
風があるときの軽快な走りはたまらない。懐かしくまた乗りたくなった。

あと白黒なので、今は朝なのか昼なのか?日差しがあるのか?ないのか。
そういうのも考えてみるのが面白かった。

ナイフと若者に嫉妬?したオジサンの子供的な振る舞いで、変な展開に。
最後らへんはちょっとエロかった。
この監督がそういう監督らしい。

とにかく3人の心の描写が繊細で面白かった。
nova

novaの感想・評価

4.0
久しぶりに好きなタイプの映画に出会った。ヨットでの1日限りの出来事。夫婦と若者、男2人と女1人。恋愛感情とか一切関係なくあのシチュエーションだとこうなる。男ってどうしてあんなに自分が優位に立ちたがるんだろう。レトロなデザインの水着がかわいい一見地味に見えるメガネっこの奥さんが一番冷静で最初から最後までかっこよかった。
thom

thomの感想・評価

3.8
R・ポランスキー監督の長編監督デビュー作。湖に浮かぶヨットの上で、一組の夫婦とたまたま乗せた学生が繰り広げる極上の心理サスペンス。
ゲン

ゲンの感想・評価

3.4
3人になれば面倒な事になるに決まってる。
これがロマン・ポランスキーのデビュー作

湖に浮かぶヨット。乗っているのは金持ち夫婦に若造の男。何も起きないはずがなく……




あれ?何も起きない…?

若造が思わせぶりにナイフをチラつかせるんですけど何もしないならそれ仕舞えや!って感じでした。

何だかんだ何か起きるんだろうと気になって最後まで観れたのですが、いざ事が起こると何か拍子抜けというか…
もっとバイオレンスとエロスが欲しかった。

何だろう、劇中でヨットを運転してる姿が凄い楽しそうで、単純に前半はヨットの映画として観てた。ヨット楽しそう!俺も乗ってみたい!

それとJaz調のBGMがめちゃくちゃカッコいい。
えりか

えりかの感想・評価

4.1
BGMのジャズや、登場人物の服装、船のデザインなどが、主張しすぎず程よくおしゃれで、観ていて心地よかった
目線に合わせた写し方が、目線の主の感情変化をうまく表していて、面白い撮り方だと思った
ナイフが出てくるシーン、なぜかものすごい緊張した
淡々とした雰囲気がすごい好き
ekn

eknの感想・評価

4.0
船の上で夫婦と若い男なんて起こることは不倫しかないのだが、うっすらとエロティックな描写が続くだけでなかなかコトが始まらない。積もり積もった感情が爆発して妻と若い男が情動のままにキスしてフェードアウト、からのけたたましく靡く帆、からの静閑とした湖だけのショットが白眉。
海の上、男2人に女1人。似たような設定の映画は沢山ある。今年のmyFFFの「夜明け」も同じ設定だった。

ナイフという道具から関係に緊張感がでてくる。「狂った果実」とかもそうだが、水上撮影の映画。面白い作品ばかりだ。
登場人物は3人だけだし、しかも周りは海だし、若者が持ってきたナイフ1本がチラチラするたび、何か起きるんじゃないだろうか、、と緊張してしまう。
ヨットが趣味のお金持ちのご夫婦、旦那さんは すぐにカッと怒ってばかりで、若者がいつブチキレるんじゃなかろうかと、キレて旦那を海に落とすだろぅ、、とか 想像ばかり膨らみました。
音楽とか何か いい感じで、自分も一緒にヨット乗ってた気分にもなる。
ぼいこ

ぼいこの感想・評価

3.0
終始、これといった見せ場や驚くような大事件はない。
まさにヨットの上のように、うまく風に乗って進んだかと思えば凪いだり、風向きが変わったり…

他の方が書かれているように、
若者の登場により夫婦の本音が露呈して立った波風も、一段落すれば何もなかったかのように夫婦は続いていく。
なるほど、確かに誰しもに当てはまるのだろう。
>|