水の中のナイフの作品情報・感想・評価

「水の中のナイフ」に投稿された感想・評価

misaki

misakiの感想・評価

5.0
ポランスキーだから何かやばいことが起こるのかと思ったけど、そうではく、ただただロマンチックな作品だった。

海の風感じた。
白黒だから無駄なものが映り込まなくて逆に良い。

子供と大人の対比の形になってる。
私はまだ少年サイドの生き方をしているナア。
ナイフ(のように自分を守る武器)を常に携帯して自分の足で思う通りに人生を切り開く。
このスタンス。
対してこの物語の夫妻の生き方は、流れに身を任せるスタンス。
まるで親と自分の考え方の対比のようにも感じたし、観た人それぞれがついつい自己投影してしまう作品なのではないかなあと思う。

ヨットが舞台の映画っていいなあ。
ヨットに乗りたくなった⛵️
なんてことない話なんだが最後のシーンがどっちに転んだのか気になる。

あの奥さん、チロチロと少しずつ炎見せてて急激にバーニンしたな。そして登場人物の中で奥さんが一番賢いと思う。

音楽は洒脱
過去鑑賞 記録
諭様

諭様の感想・評価

-
えっろい
ト

トの感想・評価

3.7
愛や恋がどうのというよりかは計算され尽くした美しい予定調和
とっても話は面白いのですが、一つだけ残念で致命的なのは、夫婦の前にふらりと現れる『青年』が青年に見えないこと。危なげな青さを持った、魅力的な若者ならよかったのに…若いのか若くないのかよくわからないルックスが何とも残念に思えました。。。
わに

わにの感想・評価

3.8
反撥があまりにも苦手だったので期待しないで見たのですが、一転かなり好きでした。

すべてがどーでもいい。
クリスティーナが最高なんですよね。バカやってるオフセットに対するカーディBみたい。(サングラスもカーディBっぽいのかけてたしw)

男2人がくだらないことで言い合ってる最中に海の中でワニで遊んだり、「着替え見ないでね?❤︎」とか言ったり。

まともな人間が1秒も映らない最高の映画。
夫婦と行きずりの若者3人の間の緊迫した関係が伝わってきました。
登場人物はこの3人だけ。車内、ヨットの中って閉鎖的です。昔のヨットって、マストが本当に木なんだとか、天気が変わりそうな波の様子とか、ライフラインが付いていないとか、カッパのことをオイルスキンってなぜ今は言うのか、ヨット好きには映画の本筋とは違うところでも楽しめました。
Johnson

Johnsonの感想・評価

4.4
素直にめちゃくちゃ面白い。そのうえ今作がロマン・ポランスキーの初長編映画だというのだから驚くしかない

圧倒的カメラワークによって、モノクロの世界はより一段と美しく、3人の人間関係が変化していく様子はより鮮烈に映し出される

出演者は裕福な夫婦とヒッチハイクをしている若者の3人のみ。ヨットの上で3人が話しているシーンがほとんどであり、物語に関係するのは夫婦2人と若者とヨット、あとナイフだ

このナイフが物語の進行を大きく左右する役割を担っており、『名探偵コナン』ならば間違いなく"Next Conan's HINT ! "に選ばれるほど重要なキーアイテムになっている。ナイフ一つでここまでストーリーを自由自在に操ることができるは、ロマン・ポランスキーの才能あってこそだ

彼の処女作にして最高傑作であることは間違いないだろう
貝崎

貝崎の感想・評価

3.5
ポランスキー長編デビュー作。
おとなのけんかしか見たことないんだけど、50年前のこの作品が同じ空気感なのがだいぶ面白かった。

おっさんとおとこのこのしょうもないプライドのぶつかり合いを奥さんが永遠に無視してるのが最高。子どものけんかを見守る母。奥さんは奥さんで、若い男の子に昔恋した頃の旦那の面影をみてしまったりして、女は女でばかなところがある。
男と女の話。シンプルに絶妙なとこついてくるなああ。
>|