バーレスクの作品情報・感想・評価

バーレスク2010年製作の映画)

Burlesque

上映日:2010年12月18日

製作国:

上映時間:120分

4.1

あらすじ

「バーレスク」に投稿された感想・評価

Hxx

Hxxの感想・評価

3.8
テスが何でそこまでバーレスクに思い入れがあるのかとか、完全に悪者になりきれていないライバルとか、登場人物の描写がとにかく薄い…。
でもそんな事も忘れるくらいクリスティーナ・アギレラの歌声に魅せられる作品。
k

kの感想・評価

4.0
記録用
まさし

まさしの感想・評価

5.0
とってもかっこいい、高揚する作品。

私はダンサーではないけど、ダンスをやってる人だったら踊りたくなるだろうなって気持ちのわかる作品。

シェールとアギレラの歌唱力!!!!
ディーバってこういうことですよね、という感じ。

基本的に歌いだすシーンが多い映画は苦手だけど、この作品は別。全てが見応えがハイクオリティ。是非映画館で観たかった作品。

全体的にセクシーで、アメリカ女社会のたくましさもあって、そんな中でもアリとテスのチャーミングさがあって。
ひとりのケーパブルな女の子がショーの世界で輝いていく姿がとても良い。

最初アリがショーの音が消えて歌い出すシーンは圧倒的で鳥肌が立ってしまった。

音楽も衣装もかっこよくて何度も何度も観た。

携帯ではなく、大画面で是非観て欲しい映画。
yukinchi

yukinchiの感想・評価

4.2
何度観ても元気をもらえる作品。
ミュージカルが苦手な人には、年配なら『CHICAGO』、若年ならこちらをお薦めします。
芝居面ではさすがにシカゴですが、SHOWを楽しむ趣旨としては、十分過ぎるクオリティのバーレスク。ステージを本領とするシェール、アギレラの配役は最良だったのでは。


やっぱり女の子はいいですねぇ。
セクシーさと、艶やかさがあるでしょ。観ているだけで、ソワソワしてしまうのは小生だけでしょうか(笑)。

異性に媚びることは、恥でも何でもなくて。
むしろ使えるうちに利用しないと損でしょ、と言わんばかりに、腰をくねらせ肩を揺らす彼女らは、美しく潔い。
ステージに立つ全員が、自分を見てもらおうとギラついているあの高揚感。
「私たちはこれで生きてんの。どうよ」という誇りがビシバシ伝わってくるのがたまりません。


ずいぶん若く見えるアギレラですが、当時すでに三十路前なんですね。華があり、歌っている時の表情がほんとに魅惑的。
武器になるスタイルを保っているだけでも、年取ってくると尊敬に値しますよ。
キャム・ギガンテッドも、見事なセミヌード披露してますし。


個人的には、スタンリー・トゥッチの虜だったわけですが。なんであんなにゲイっぽいんでしょうね(^w^)
まるで『プラダ』のナイジェルの成れの果て、みたいな役だったな。

一番好きだったのは、シェールの幕開けの曲。『月の輝く夜に』も、観てみたくなりました。

ニッキ役のベルさんは、本当にそっち系の人かと思ってたけど(すみません)、もしかしたら、この作品ありきのアナ雪だったのかもしれませんね。



ストーリーは、『コヨーテ・アグリー』と変わりません。よくあるサクセスもので、テーマが絞ってあり、しごく分かりやすい。
ただラスト、機転が利いていたのは嬉しい誤算でした。勉強になりましたね。

とは言え、見処は何よりもSHOW。
ぜひ堪能してください。
きっと、みなぎってきますよ✴
ゆま

ゆまの感想・評価

3.4
あんまりハマらなかった……
ivy

ivyの感想・評価

4.0
良き

このレビューはネタバレを含みます

観るん大変やった。しんどかった。若い女性のサクセスストーリーはどれも大概展開がテンプレ化してる気がするも、歌が大変良い。が俺は苦手な部類。
mai

maiの感想・評価

3.7
記録
Egayuki

Egayukiの感想・評価

4.6
歌といいダンスといい内容といい、アメリカっぽさがすごい出てて好きだった。
なんども見たくなるし、飽きない。
>|