127時間の作品情報・感想・評価

「127時間」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
フェイク・ドキュメンタリーが好む極限状況でのサバイヴ系 byダニー・ボイル。可もなく不可もなし。
赤足

赤足の感想・評価

3.6
落石で右腕を挟まれ、谷底から一歩も動けなくなった主人公アーロン、生命の限界まで127時間と迫り彼が取った選択とは!?

最近はこういう1人で演じる作品が流行り受けているようで、ゼログラビティやオールイズロスト然り、演じる俳優の力量が試されるだけにかなり難しい役どころだが、今のところどの作品も俳優と脚本のお陰で見応えがある作品となっている。そして、この作品で一皮むけたアーロン役のジェームズ・フランコも冒頭からラストまでずっと1人で演じているものの死を目前に自分の人生と向き合っていく姿や衰弱していく演技などは鬼気迫るものがあった。そして後悔の念や生への執着が湧き上がる様は見るものに勇気をもらい、衝撃のラストは特に見ものである!そして実話を元にしたということが特にこの物語のラストを色濃く表ており、全てを物語っている。
カイ

カイの感想・評価

3.8
どっと疲れた…笑
1人で痛い痛い痛い痛い…!って言いながら見てた。
オランジーナがぼがぼ飲みながら見てる自分が情けなく感じてくる。
自分だったら挟まれて3~40時間ぐらい経ったら気失って死んでると思う( ◠‿◠ )
バスで見た
Key

Keyの感想・評価

4.5


岩肌を感じながら歩くシーン
陽が差し込むシーン
美しくて魅了されました。
感じてみたい。

後半‥‥あのシーンで気を失う人が多数いたそうで。
私はわりと大丈夫な(SAWとかも見れる)方ですが、こちらは見てられませんでした。

最後のシーンでは泣けました。
生き抜くってすごいこと。

臨場感があってすごく見応えあります。
実話物ということで興味があって観たのですが、想像以上に楽しめました。
skichi

skichiの感想・評価

4.6
僕はこの映画最高だと思う。
ダニーボイルの多様な才能あってのものだと思う。
オープニングの都会の人の山、
なぜかインドも含まれてるのはダニーボイルインド好きなのね(笑)、
から、誰もが楽しい金曜夜の音楽と疾走感。
静と動がすごい。
ヘッドホンで音楽聞いてるアーロン自身の動と
アーロンを俯瞰したときの静けさ。
岩に腕を挟まれたアーロンの動と、
その谷底をずっと上空に引いていった瞬間の静。
あの瞬間、どきっとする、ああ、人間ってちっぽけだな、と。

なんといっても腕切断のとこね、痛いよね。
一見チープに見える骨の映像とか、逆に分かりやすくて痛い(笑)
この痛いシーンが痛すぎて良くないとか、
もっと他の面を盛り込むべきだとかっていうレビューもあったりするようだけど、そうは思わないね。
あの瞬間に至るまでの彼の精神、
そして突然訪れるその瞬間、
それを描かずなんとなーく、ああ、切ったんだ、
となっては何の事だか分からない。
あのシーンはこの映画最大の動であり、
彼が生きるために行った最大の事であるわけ。
それを描かないなんてナンパな映画ではない。
そして最大の静がその後にあるわけですよ。
だから動は激しくないといけないのだ。
ダニーボイル天才。

そしてラストの音楽とシーン最高。
あの「Help! I need HELP!!!!」のシーン何度でも見れる。
ぽにょ

ぽにょの感想・評価

3.3
可もなく不可もなく、、、
後半展開が遅い
>|