鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星の作品情報・感想・評価

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.3

「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ハガレンの名前を借りた別の話。FAの冠なのに西部の少佐に知られてる賢者の石の精製方法、マルコーさん可哀想。賢者の石使ったのに良い別れになるの???
・真理の扉を見たのに人体錬成じゃない→左足は何の通行料?
・賢者の石が通行料で消えた→人体錬成じゃん!
以上二点は機械鎧をつけるジュリアありきのオチかな。
最後にエンヴィー辺りが橋の上から汽車を見送って、国土錬成陣の一部にするためにフラスコの中の小人が仕組んでたって方が納得できる点が多かった。
大佐は何のために谷底に降りたんだろうね?
連載終わってすぐ告知合って見にいったから期待し過ぎた感あったよねーーーー。等価交換無視してたりとか色々設定粗かったり、前作のシャンバラが良過ぎたからもあるけど、なんかガッカリした。ラルクは良かったよ!!!
ぷうた

ぷうたの感想・評価

3.0
うーん、ストーリーもイマイチだし、キャラも魅力なし。
大佐とウィンリーは何のために来たのかもわからない。
本編と繋がったらまだちょっとよかったんだけどな。

シャンバラは独特だけど雰囲気も魅力もあった。こっちは王道だけど、陳腐。

評価できるのは最後のエンディング。
曲と機関車が走っていくのがマッチしてて最高!
yuu

yuuの感想・評価

3.3
記録
Tガシ

Tガシの感想・評価

4.3
シャンバラに比べどうしても認知度が低い気がしますがとても良く出来ています。
なかを

なかをの感想・評価

3.6
鑑賞日不明
たけむ

たけむの感想・評価

4.0
汽車の戦闘のくだりだけ何度も見てる
NANA

NANAの感想・評価

3.2
初回は映画館で。久しぶりに鑑賞。時々絵が粗いのがちょっとせつない…。内容は意外と重い。大国に挟まれ、土地を追われたミロスの民がメイン。アルのモテっぷりは楽しい(笑)

2017-10-02-110
マスタングが空気だった作品
最初の方勢力図がちゃんちゃら分からんかった(じわじわ分かってくるんだけど)
氷と雷の錬金術も今ひとつ、、

やっぱ原作が一番だな
>|