• Filmarksトップ
  • 鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星の感想・評価

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星(2011年製作の映画)

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:110分
    監督
    村田和也
    脚本
    真保裕一
    原作
    荒川弘

    「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」に投稿された感想・評価

    このレビューはネタバレを含みます

    ハガレンの名前を借りた別の話。FAの冠なのに西部の少佐に知られてる賢者の石の精製方法、マルコーさん可哀想。賢者の石使ったのに良い別れになるの???
    ・真理の扉を見たのに人体錬成じゃない→左足は何の通行料?
    ・賢者の石が通行料で消えた→人体錬成じゃん!
    以上二点は機械鎧をつけるジュリアありきのオチかな。
    最後にエンヴィー辺りが橋の上から汽車を見送って、国土錬成陣の一部にするためにフラスコの中の小人が仕組んでたって方が納得できる点が多かった。
    大佐は何のために谷底に降りたんだろうね?
    えげつない作画。
    鋼錬ファンはたまらない一作だと思います。
    戦闘シーンは迫力あって面白いです

    原作見てからだとなおのこと面白い
    ハガレン劇場版第二弾。ミロスの神話に隠された聖なる星=賢者の石を探し出す物語。ジュリア、アシュレイ兄妹のそれぞれの復讐心と野望、本当の賢者の石を知るエドとアルの死闘。故郷を救うために命をかけるジュリアと聖なる星を利用しようと企むアシュレイのぶつかり合いが切ない。ジュリアの命がけで戦う姿勢がかっこよくまた可愛い。
    キャラ画がとても綺麗で、特にエドの目がキラキラしている。内容もしっかりしていてハガレンらしいストーリーになっている。ジブリっぽい雰囲気がある。街並みが綺麗に描かれている。
    見応えのあるアクションシーンが多くて楽しめる
    ただ前の劇場版よりは話が劣ると思う けっこう見易いので割と面白い
    ストーリーおもしろい
    観たお。自分は、アルティメットの方が100倍好きです。ん?アルティメットだっけ?
    >|