鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星の作品情報・感想・評価・動画配信

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.2

原作

主題歌/挿入歌

「鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星」に投稿された感想・評価

のむら

のむらの感想・評価

4.0
めちゃくちゃレベルが高いスピンオフって感じ ファンに媚びてなくていいなと思った
風神

風神の感想・評価

2.0
好きなシリーズなんですが、、、

不幸自慢されましても。
おが

おがの感想・評価

-
久々にみたら圧倒的なコレジャナイ感に打ちひしがれた
you

youの感想・評価

3.3
非常に面白かった。
kimiyu

kimiyuの感想・評価

3.2
外伝として楽しめる
ソゴル

ソゴルの感想・評価

4.6
女性版のエドって感じの、信念を持ちみんなのためを思い行動するジュリアの生き様に焦点を当てた作品で、よくある映画だけのポッと出のヒロインキャラにはない魅力をジュリアから感じる事ができました
アルがジュリアに惹かれたのも、エドに似た芯の強さを感じたからなのかもな?と久しぶりに観て感じました
お話も大国に挟まれ虐げられた民がラストに向かい立ち上がっていく様もカタルシスがあり良かったですが、原作を理解しており、尚且つこの世界を理解してないと状況が掴めないので、理解が追いつかないと評価が変わりそうです
作画もかなりジブリを意識していますが、レベルが高く絵の動きだけ見ていても楽しかったです
蒼葉

蒼葉の感想・評価

3.0
漫画は全部読んでいたけどアニメは観たことがなかったなとふと思い立って2010年版の二期アニメから観賞。

流石ハガレン…びっくりするくらいシリアスな内容でしたね。めっちゃ人が死ぬ。えぐい。
やっちまった感がすごい(シリアス展開は好き)
ストーリーの区分としては原作のどこかで起こっていたかもしれない内容としてきちんと描かれていたので違和感なく観られました。

大人気作品なだけあってアートは丁寧でめちゃくちゃアクションがすごい。
とても絵が描きたくなる。
ジブリ的な表現とみんな言っておりますが、アニメの「表現」として確立しているのだからそりゃ似たような部分があっても良いのでは。
私はそんなにジブリっぽいとは個人的には思いませんでした。

結構複雑な内容なのでやはり短い時間でオリジナルキャラクターに完全に感情移入しきれず。
(坂本真綾さん、森川智之さんは流石の演技力。大好きな声優さん達です。)
エド達にやはりファンとして気持ちが乗ってしまっているので、ヒロインが「真理」を見て、賢者の石をめっちゃくちゃ使ってしまった事で感情移入しにくくなってしまった。
ミロスがめちゃくちゃ衰退してしまった原因のクレタ側の描写の少なさが原因でストーリー補正がなんとなくになってしまっていたかな…。
あと、その後ミロスの街がクレタから完全に奪回、きちんと再建されて…国として新たに建国されれば良いのですが、『賢者の石』を作るための街としてエド達が干渉し、救った事で逆にアメストリス側にいる…ホムンクルス達が動くんじゃないか…大丈夫なんだろうか?とかいう心配が割とある。ヒロインも真理…見ちゃってるし…。

ただこの不完全な感じが逆に、『ハガレン』の世界観としてのリアリティがあって良いのではないかなと思いました。
人々が国を守ろうとするための戦争って、悲しいかな、現実でもこんなもんですからね…少しずつ前に進んでいく。
例え作品としての蛇足ストーリーだろうがここまで作り込まれていたら気になってしまうので原作本編後、ロイがなんとかしてくれただろう事を祈っている。(丸投げ)

最後は、もう永遠に元の関係に戻れなくとも兄妹として少し和解出来たんだろうか…よかったなぁ…とちょっとだけほろりとしました。

なんだか文章を打ちながら噛み締めてしまう。
オリジナルストーリーとしてはよく出来ているので割り切って観ると割と好き。
>|

似ている作品