chako

007/ワールド・イズ・ノット・イナフのchakoのレビュー・感想・評価

3.5
ピアース版007の第三弾!

ピアースボンドには珍しい?シリアス路線な本作。これまでのシリーズにはない展開に良い意味で予想を裏切ってくれました。

Qの試作品を勝手に拝借しての水上ボートチェイスに、雪山での逃走劇と安定のアクションシーン!

美しく、どこかミステリアスなエレクトラとタンクトップ姿が逞しいクリスマスの二人のボンドガールも魅力的。

そして、長年に渡って陰ながらボンドを支え続けたQは本作で引退。実はボンドより好きだった…かもしれないくらい大好きなQ
Qの生み出す遊び心溢れる秘密道具の数々や、あの可愛らしい姿で皮肉たっぷりなジョーク、ボンドとの掛け合いが大好きでした。

Qあっての007であり、
Qがいてこそのジェームズ・ボンド 
本当にお疲れさまでした。

Qの最後にちょっと涙しつつも、ラストは懐かしいムーアさん流の締めくくり。
めがね姿も萌えでした♪