gs

バッド・エデュケーションのgsのネタバレレビュー・内容・結末

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)
3.8

このレビューはネタバレを含みます

最初話しの意図がよく分からず、ん?ん?ってなった。
あの変態神父、美形な男が好きなんだな。気持ち悪かった。本物のイグナシオは歪んでしまった。弟も重罪。

主演2人が美形な俳優でしたね。綺麗な顔してんなーと思いながら鑑賞していました。
半自伝的なんですね。監督の。

ペドロ監督の作品は性描写や話しの設定が凄いんだけど、面白い。
ガエル・ガルシア・ベルナルの女装綺麗だった。ちょいとゴツイけど。でも綺麗。