しまかす

バッド・エデュケーションのしまかすのレビュー・感想・評価

バッド・エデュケーション(2004年製作の映画)
3.3


20150805改
久々にアルモドバル。なんだろうこの監督は、女性を撮る時はとても美しく力強く魅せてくれるけれど、男を撮るとほんとに生々しいというか、いろんな意味でエグい描き方をするなあと思う。ひたすらに情熱的な生(ある意味での性)を見せつけてくる。嫌いじゃない。 
“ぼくを葬る”とはまるで対照的。同じカトリック国で撮られた同性愛でもここまで違う印象を受けるものか。濡れ場にしたって肌と肌とがしっとり融け合うような仏、熱い呼吸にぶつかり合う肉体!って感じの西。さすが情熱大国。

57786