バッド・エデュケーションの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「バッド・エデュケーション」に投稿された感想・評価

Zuidou

Zuidouの感想・評価

3.5
最後に「PASION」って文字が異常にズームアップされるんだけど、結局それが一番重要だってことなのかな。金や歪んだ愛情に身をやつした彼や彼とは、一貫して情熱を燃やし続けた彼が全く違う結末を迎える理由はたぶんそこにあるんだろう。
芳

芳の感想・評価

3.0
天使のように美しい少年、泣きそうな顔をした神父
顔の美しい男たちの愛憎絡まるといった内容、仄暗くて救いがなくて苦しくなる。霧がかったような薄暗い愛
スペイン人と南米人は、侵略の歴史がもたらした「共通言語」という遺産を共有している。
「南米映画のニューリーダー」としての地位を確固たるものにしつつあったガエル・ガルシア・ベルナルにしてみれば、世界的な名声を獲得済みの、スペインのアルモドヴァル監督作にはぜひ出演したいところであったと思う。

本作にはそんなふたりのパワーバランスが反映されている。
汚れ役をあてがわれ、お世辞にも美しいとは言えない女装を強いられ、あげくケツを犯られる屈辱的な場面まで…。
しかしそれゆえに、ホットパンツ一枚で部屋をぶらつく回想シーンは、ガエルの驚くほど無垢なセクシーさを率直に伝えるのだ。

「人間が自我と野心を持ち、その達成を優先した時点で、いかに多くの美点が失われるのかを示す」。アルモドヴァル作品の中でも、ひと際残酷な一本である。
YuK

YuKの感想・評価

3.5
アルモドバルが一番ノッテた頃の作品。
趣味嗜好性癖、アルモドバルワールド全開!
ぷよ

ぷよの感想・評価

4.8
スペインのクセがすごい🇪🇸!映画なのになぜか吹き替えしかありません。本当、Netflixのクセがすごい。
こんなにこってりした恋愛モノは久しぶりかも(ペドだし、人殺しだし)→神父。アホかわいいフアンに惹かれていくとき、もう、まさに恋に落ちる瞬間に立ち会った感じだった。そりゃあんなかわいい子がおじさん相手にしてくれたら、ストーカーにもなりますよ!
主人公2人はかわいいけど、小柄なんだよね。アメリカのスターの人はなんだかんだでスタイルいいな〜っと薄い感想。
けろえ

けろえの感想・評価

4.0
何の前情報もなく鑑賞。
ガエル・ガルシア・ベルナルくん最強。
ふつーの男の時も、女装のときも美しすぎるワ、コレ。ファンにとってはヨダレもんの一本。
お話も複雑な構成で凝っていて、面白かったです。
でも何でネトフリには吹替版しかないんだろ。
yoruichi

yoruichiの感想・評価

3.3
映画の内容は ワル神父に翻弄されてしまった少年たちの悲劇だったが 色彩やら家具やら衣装やら 見惚れてしまうくらいのオシャレ感。
non

nonの感想・評価

4.2
教会のタブーに挑んだ作品
同性愛、サスペンス
ガエルの女装…かわいい
野菜

野菜の感想・評価

3.8
ラストは物語が展開せずに、その後の出来事を文章で語るの、映画なのにリアリティが増して気持ちが悪くなってしまった...現実は多分こういう感じに近い。私は胃腸も弱いし、体調が悪いことも相まってか吐きそうだった...ヘドロ・アルモドバルでした
神学校で少年時代を送った監督アルモドバルの半自伝的な作品。
なかなか濃厚で深い。