ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!の作品情報・感想・評価

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!2007年製作の映画)

HOT FUZZ

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

4.0

「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」に投稿された感想・評価

みえ

みえの感想・評価

4.0
後半の怒涛の展開や疾走感がすごい。
結構グロいし最後の塔刺さるの痛そうでヒェー!ってなる。
何の変哲も無さそうだけどなんかズレた感じを漂わせる村の空気感がよい…
銃器がんがん使いこなす中高年たちの狂気がやばい。
フルーツ投げてきたりスーパーの攻防が個人的にすごくツボだった。
ベイビードライバーの監督かあ〜
たしかにって感じだ
T

Tの感想・評価

3.9
面白い ニックフロスト大好きだなあ
みみみ

みみみの感想・評価

4.5
最高〜!
カメラワークといい演出といいくだらなさといい、たまんねー
カンタ

カンタの感想・評価

4.5
ジャンプしながら銃撃ったことある!?カーチェイスは!?パブ行こうぜパブ!!

最高だった……それに尽きる……

俺はショーンオブザデッドのテンポいいカットが大好きなんだけど、やっぱりこれでもやってくれて、これこれェ!って感じ!

ストーリーも起承転結テンポよくて、ちゃんとグロいしで楽しすぎた!!

最高のエンターテイメントだった…
Koshi

Koshiの感想・評価

4.1
「今日ものどかで良い天気だな」



ロンドン首都警察勤務のニコラス・エンジェル(サイモン・ペッグ)は、あまりにも有能すぎて、同僚だけでなく上司からも煙たがられていた。そんな彼はある日なんとサンドフォードという田舎へと左遷されてしまう。
サンドフォードは、「ビレッジ・オブ・ザ・イヤー」を過去何度も受賞しているほど、統計的に国内で最も治安がいいと言われている平和な村である。この村では、近隣監視同盟という軍隊並みのネットワークで村人たちを監視しているらしいのだ。この平和な村でニコラスはロンドンで起こるような事件とは無縁の退屈な日々を過ごしていた。
しかし、ある不自然な事故を契機に、ニコラスはこの村の違和感に少しずつ気づき始める。その日を境に毎日死人が出る事故が起こるのである。ニコラスは頻繁に起こるこれらの事故を不審に思い、この村を詳しく調べることにしたのだが‥。そこで驚くべき事実が明らかになった。そして全てを知ってしまったニコラスがとった行動とは。。。

この映画は、こういったサスペンス映画の一面も兼ね備えたアクションコメディ映画である。


この映画では、有名アクション映画へのオマージュの数々が飛び交い、作り手の映画愛がヒシヒシと伝わってくる。
また、編集が素晴らしく場面転換がいちいちカッコ良すぎるところも見所である。この編集のおかげで、テンポが良くなり、全く物語に飽きることなく集中して観ることができるのだ。
そして当然ながら劇中で使用される音楽がどれも素晴らしい。この辺りはさすがエドガー・ライト監督である。
前作の『ショーン・オブ・ザ・デッド』に引き続きグロいシーンがあるのは相変わらずなので、そういったシーンが苦手な人はちょっと注意が必要だ。
そしてこの映画を観終わったら、きっと『BAD BOYS 2』を観たくなってしまうことだろう。どこがオマージュで使用されていたのかということを見つけながら観る楽しみが新たに増えて単純に嬉しい。



私の1番好きな場面はもちろん、ニコラス&ダニーvs NWAの繰り広げる銃撃戦である。ここだけは何度も繰り返し観たくなってしまうほどワクワクする。観客のテンションが最大級に舞い上がる屈指の名場面であろう。
エドガー・ライト×サイモン・ペッグ×ニック・フロストによる「俺たちのやりたいことを全部やったぜ、イェーイ」といった清々しさが自然と伝わってきてくるので、観ている方も超スッキリするのである。
物語の前半でふりかけた伏線の数々を一気に回収していく感じもたまらなく気持ちがいい。この監督どれだけ伏線回収させるの上手いんだ。「そうか、私はこの場面を最大限エキサイトするために今までこの映画を真剣に観てきたのだな」と思ってしまうくらいの怒涛の展開には、観る人のテンションは驚くほど上がってしまうはずだ。本当に楽しかった。この場面を仲の良い友達と酒を酌み交わしながら、大盛り上がりで観たいなと思う。



アクション映画は好きだがこの作品はまだ観ていないよ、という人には是非ともおすすめの作品である。素直に観て欲しい。そして一緒に語りたい。

次はコルネット3部作の最後である『ワールズ・エンド』を観てみようかな。
MJ

MJの感想・評価

3.9
グチャグチャコメディだけど普通に笑えた
N

Nの感想・評価

4.2
真面目に見せかけた馬鹿映画。
流石、フラテリスの曲使っているのが痺れた。
>|