ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!の作品情報・感想・評価・動画配信

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!2007年製作の映画)

Hot Fuzz

上映日:2008年07月05日

製作国:

上映時間:120分

4.0

あらすじ

「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」に投稿された感想・評価

qudan

qudanの感想・評価

3.5
最初から最後までエドガー・ライト味あふれる編集が施されていて、もはやクローズアップの連続カット自体がギャグになっている。

ストーリーは好みではないが、尻上がりに過激になっていく展開は最高。
Melko

Melkoの感想・評価

3.9
「ケチャップだよ〜♪」(←見た人にはわかる)

「正しいことをやるんだ!お前と俺ならできる!そうだろ?!相棒!」

”Fuzz”ってスラングで「サツ」って意味なのね。

ああ〜〜なるほど〜。こうゆう感じか!
ラスト30分は面白かったんだけどなぁ。
そこに至るまでの主人公の空回りっぷりが共感性羞恥を刺激されすぎて、居た堪れなくて切なかった…から、この点数で。

おバカ丸出しの邦題だから、てっきり主人公はダメダメ警官で、コメディ全開のストーリーなのかと思ってたけど、
主人公はロンドン警察のエリート中のエリート。テンポ良く無駄なく行動する人物が主人公で、どうやって2時間お話もたせるんだろう?と思いきや、なるほど、そうゆうことか。
犯罪検挙率と表彰数が凄すぎて「お前がいると俺たちが霞む」って理不尽すぎる理由でド田舎に飛ばされる。
彼の洞察力と行動力が凄いのは健在なのだが、ど田舎ゆえ、犯罪といえば万引きに飲酒運転、スピード違反などで、しかもそのどれもが、日頃の癖で怠惰な警官たちによりなぁなぁに。真面目一徹な主人公、ゆるふわな田舎で浮きまくる。しかもコンビを組むのは楽観的で天然なおデブちゃん。
だが微かに、犯罪の匂いが…
スマートすぎる主人公、何も起きない「ハズ」のド田舎で、とんでもない犯罪に直面する……

思考も身体もスマートで真面目な主人公と、おデブで天然な相棒

てかコメディパートでクスクス笑ってたら、笑えないレベルにエグい殺され方する人いるし、ちょいエグめの描写の死体出てくるし、何だろう、、これはイギリス風味のジョークですか?

あとイジメレベルのイビリが鼻につきすぎて、普通にイラついたんだが。。
犯罪にいち早く気づいて一生懸命行動し、仲間に訴える主人公を、「ボケ」呼ばわりして笑ったり、帽子に落書きしたり、イビリのレベルが全然笑えなくて冷めた…まぁそれもコメディ。
主人公が徹底的にやるせなさに打ちひしがれるからこそ、終盤怒涛の銃撃戦が活きてくる。

のどかな田舎町が、文字通りの戦場と化す!!

サイモンペッグのこんなキレキレな演技見たの初めてかもなぁ。
相棒役のニックフロストはいつもニコニコ、トレードマークなオトボケ役だけど、覚醒した終盤はクソかっこ良かったぞ!(下品で失礼 fromトレマーズ)
ティアドロサングラスが似合いますな。

個人的には、もっと早く暴れてほしかったかなぁ〜
町の真相は、普通にビビるレベル。怖すぎ。

マーティンフリーマン、ビルナイ、スティーブクーガンってイギリスの大御所3人が嫌味なチョイ役で、クスッ。笑

この監督の「ショーンオブザデッド」、昔一回見て、終盤がキモ過ぎて無理だったんだよなぁ…
今ならいけるかな。。!?
沢田

沢田の感想・評価

4.0
走りながら銃も撃てるし
ジャンプしながら撃てるし
カーチェイスもするし
やりたい放題!やりたいこと全部やりました!!!
スワーン!!!🦢

エドガーライトとサイモンペッグ相性良すぎるよ…
バッドボーイズ2バッド🕶


ベイビードライバー感と
ショーンオブザデッド感を彷彿とさせる
このテンポの良さ。
はぁ〜たまんねえな…

笑えてかっこいい!ほんとにサイコー
jun

junの感想・評価

3.8
記録

後半の面白さ!!

ハートブルーが見たくなった!!
主人公がおバカで周りはまともというパターンかと思いきや、実際は主人公のみまともで周りが全員バカばかりというパターンだった。
意外に凝ってるカメラワークや、きちんと機能してる伏線など、結構真面目に作られてる。

つくづくサイモン・ペッグって、顔に余分なスペースが一切ないのがすごいなと思います。コンパクトな顔。

ママチャリに乗りながらの二丁拳銃は一度やってみたい。

このレビューはネタバレを含みます

ロンドンのエリート警察官が田舎に左遷させられ…

サイモン・ペッグとニック・フロストの凸凹コンビが良い!
正直前半はちょっとう〜んって感じだったけど後半が最高に面白い!ワクワクが止まらなかった
おじさんおばさん達が銃を乱射してるのがギャップがあった😂
えれき

えれきの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

エドガー・ライト最高!な一本

サイモン・ペッグがちょっとカッコ良すぎたけど、ニック・フロストとの掛け合いはずっと見ていたくなる

コメディの中にちゃんとミステリー要素があってストーリーがホントに巧妙

『ハートブルー』のネタは最後に来ると分かっていても大笑いしてしまった

『ウィッカーマン』のエドワード・ウッドワードが今回は仕掛ける側になってるって配役も面白かった
「何も知らない警察官がカルト村に翻弄される」って、よくよく考えたら同じ骨組みだなと思ったり

最後の銃撃戦も派手でバカバカしさ全開で見応え充分

公開当時、サブタイトルがちょっとアレだったのでスルーしたのだが、ちゃんと劇場で観て大笑いしたかった

ティモシー・ダルトンで007ネタもちょっと観たかった
優等生すぎて田舎に左遷された堅物巡査部長のコメディ。序盤カルチャーギャップで笑わせて、途中からはバディもののコメディ、終盤にはとんでもない展開が待っててめちゃ笑った。

「切り替えが下手」と散々言われてきたニコラスが覚悟を決めて変わるシーン以降がとにかく楽しい。ニコラス側も切り替えの加減がとんでもないし、住民側もとんでもないやつしかいなくて笑った。爺婆が容赦なく兵器使ってくる画だけで笑える上に、医者の「私がお前を取り上げた、あの世へ送るのも私の役目だ」とか狂喜じみてて笑った。ニコラスとダニーの「医者だから何とかできる」的な返しも良い。

それまでの展開が次々回収されるのも楽しかった。情報の早さには閉鎖的な田舎特有のもの以上の意味があったのかと分かるの良いし、序盤のジョギングのシーンでのNWAの立ち位置が最終決戦とリンクしてるのすごい。
白鳥やアーロン・A・アーロンソンが最後に出てくるのも笑ったし、マンガみたいな爆発オチも最高。

色んな作品のオマージュ、エドガー・ライト過去作との繋がりは観てないものが多くて、チャイナタウン的なこじれた関係、ジョン・ウーっぽい二丁拳銃&最終決戦前の鳥とスローモーションぐらいしか気付かなかったけど十分楽しめた。
ケイト・ブランシェット、ピーター・ジャクソンの無駄遣いも観た後で知って笑った。
ヤバすぎるロミジュリも最後にもう1回観たかったな…。
BeSi

BeSiの感想・評価

4.8
監督のエドガーと主演のサイモン、ニックという体制の元で製作された「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」「ワールズ・エンド」のコルネット3部作の2作目にあたる本作。NETFLIXで鑑賞したのも随分と前。去年の5月くらい。

ついにこの映画のレビューが出来るー!!(?)

ロンドンのエリート警察官ニコラスは突然、のどかな田舎町に左遷されることに。そしてある日、町で変死体が発見されるが、同僚は事故と決めつけ、住人らも気にしていない様子だった。彼は映画に出てくるような警官に憧れる鈍臭い相棒ダニーと共に真相究明に当たるが......。


✔映画とコルネットアイスが大好きだ!
映画スキスキくんのエドガーによる遊び心が詰まった映画であることはやはり一番に書いておきたい!!「バッドボーイズ」は言わずもがな、「リーサル・ウェポン」「フレンチ・コネクション」「ダーティハリー」「ヒート」などなど...古典的アクション映画をたくさん参考にしてます!また、本作に登場するカルト集団の特徴的な衣装や雰囲気は「ウィッカーマン」のモチーフを選んだそうな...☺️(←嬉しさからのニヤケた顔) 初心を忘れないとでも言いましょうかね。エドガーくんの粋で心をくすぐる演出には本当にニヤケが止まりません。

今回はカメオ出演してる俳優さん、割と見つけやすいので探してみてね!👍フェンス越えの演出も定番化。本作では珍しくサイモンがカッコよくフェンスを飛び越えてます。飛び越える気サラサラ無いニック好き。

ニヤケが止まらないで言えば、1作目を観ている時には気にしていませんでしたが着目すべきニヤケポイントがもうひとつ。そう、コルネットアイスです。今回レビューを書いている時に何となく調べてみたら、コルネット3部作にそれぞれ味の異なるコルネットアイスが登場するのには理由がありました!!

「ショーン・オブ・ザ・デッド」
血みどろ、血塗れの要素=ストロベリー味。エドがコルネットアイス大好き人間です。
「ホット・ファズ」
映画の題材は警察=ブルー・オリジナル味。アイスを一気に頬張って頭を痛めるダニーが最高に鈍臭くて一生好き。
「ワールズ・エンド」
1950~1960年代までは一般的とされた宇宙人の緑色、SFジャンルの象徴的な色(劇中では青色の体液)=ミントチョコチップ味。宇宙人の侵略により荒廃した世界で、風に舞い上がってコルネットアイスの蓋が顔を出します。それ見た時は発狂したよね。

イギリス行ったことないけど、コルネットアイス食べるためだけに行っても良い。早くコロナ終わんないかなぁ。

✔ジャンル分けできない満足感
これはエドガーくんの映画を観るうえで絶対に得るものだと思います。ブラックコメディなのかアクションなのかサイコスリラーなのか......。観たい!が詰まったよくばりセットは、ファンにとってはやっぱり嬉しいですね😌

✔サイモン×ニック
もしかしたら、映像作品という広い括りで見た時に「一番好きなデュオは何ですか?」って聞かれたら即答でこう答えますね。何より、彼らの演技が素晴らしいなと純粋に感じます。素なの?っていうくらいに表情豊かで人間臭い。僕はイギリスの人柄お国柄スキスキ君ということが今回ではっきり分かりました。これからも2人のさらなる友愛の発展を祈ります。


1年半経った今でもほとんどの場面を覚えているくらいに全てが記憶に深く残る映画。スタイリッシュであり硬派な感じもする。程よ色々な甘さと辛さがマッチして美味しいし腹一杯になります。コルネット3部作では一番の傑作!!最高でした。


多分、3日後には「ワールズ・エンド」のレビュー投稿します🙏
>|

あなたにおすすめの記事