選挙の作品情報・感想・評価

選挙2006年製作の映画)

CAMPAIGN

製作国:

上映時間:120分

3.6

「選挙」に投稿された感想・評価

選挙って何なんだろう。本質を突く作り。字幕もナレーションもない、観察映画の手法はこちらが何を読み取り、何を考えるか、常に試される。
全ての選挙はこういうものだとは思わないけど、体育会系の付き合い方とか広報での議員によるセクハラ発言に嫌気がさす。発言は全て薄っぺらいのに、バックアップとか形式をなぞると当選してしまう社会。
見慣れた風景も映像として改めて見させられると違った側面が見える。
何よりも観察映画という手法の面白さ。
Osamu

Osamuの感想・評価

4.1
選挙で候補者陣営がやっていることがよく分かっておもしろい。

川崎市議会議員補欠選挙の自民党陣営の選挙風景を映す。想田監督の観察映画第1弾。

立候補者が公募で選ばれた新人で、本人は選挙戦のあれこれの勝手が分からないから、彼の振る舞いが選挙戦のことを分かりやすく教えてくれる。

選挙と市民生活とが連動していない加減がスゴすぎて、もう笑ってしまう。日本国民の自虐的コメディだ。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.0
内容としてはそこまで楽しくはないが選挙と言うのがどういうものなのかがわかる!非常に苦痛。
前半は笑いながら見たが、次第におそろしくなってきた。

ヤマさんは毎日の街頭演説によって、映画の最初からずっと声が枯れている。

続編『選挙2』はより評価が高いようなので、早く観たい。政治家として数年を過ごしたヤマさんがどう変化したかを観たい。そしてヤマさんの枯れてない声を聞きたい。
ぜってぇ政治家にはなりたくねぇなと思わされる映画。
まるで『グッドフェローズ』や『アウトレイジ』を観ているかのような気になる。『アウトレイジ 最終章』のインタビューなんかでたけしさんがよく「そのまんま今の官僚とかに置き換えられちゃうんだよな」って言ってたけどまさにそんな感じ。
古臭いオヤジたちのイヤ〜な集団の中に、いきなり投げ込まれた、超絶フツーの人、山内さんの姿を丹念に見せる。
観客にもよく観て聴いて、観察してもらう、「観察映画」とはそういうことか、と観てみてやっとよく分かる。
二重に部外者である主人公をさらにそのまた外部から見ることによって、当たり前に受け入れてきた選挙運動のなんとも滑稽なありさまと、因習に翻弄されながら夢を追う、すこし子供じみたような山内氏の姿とが重なりつつ映し出されていて、なんともいえず面白い。
選挙はもはやイメージ戦略で、でも映画だってそう、特に現実と近接するドキュメンタリーではちょっとした切り取り方、繋げ方が被写体のイメージを大きく左右してしまうので、そういう意味ではちょっと近いところもあるのかもしれない。いやないかもしれない。
「観察映画」といってもカメラの存在が消し去れるわけではないし、何をもってそう呼んでるんだろうか。勉強します。
川崎市議選の補欠選挙に自民党推薦(小泉時代)の落下傘候補として立候補した山内和彦の選挙活動に密着したドキュメンタリー。カメラが入っているのにも関わらず、言いたい放題だから面白い。山内さんは切手コレクターで、選挙に立候補するまでスーツを着たことがなかった、という謎の経歴の持ち主。

政策や思想なんて全くなくて、ただ政治家になりたいという山内さんを、自民党の関係者が議席数がほしいという理由だけで神輿を担ぐ、よくある腐敗した選挙風景。

山内夫婦はいつも頭をペコペコして平身低頭、それに対して自民党関係者は彼らを駒としてしか認識していないから、選挙活動に協力はしていても横柄な態度は崩さない。

配偶者を「家内」と呼ぶように指示したり、公の場で子作りをするように揶揄したり、奥さんには仕事を辞めて専業主婦になるように助言したり、とアナクロな発言は自民党らしさが出ていた。
naoshi

naoshiの感想・評価

4.3
被写体との距離、カメラと編集に敏感にならざるをえかった。選挙に臨む立候補の動機やら志なんてものは全く描かれず、ただただ新人立候補者の選挙戦が写され続ける。本来切手と電車が大好きな人が、色んな人と否応なく接して走って怒られて神輿を担いで愚痴を言って声を枯らす、その季節をその様を通して感じることができた。
>|