「選挙」に投稿された感想・レビュー

抹茶マラカス
抹茶マラカスの感想・レビュー
2017/01/03
3.7
選挙って何なんだろう。本質を突く作り。字幕もナレーションもない、観察映画の手法はこちらが何を読み取り、何を考えるか、常に試される。
戦い
戦いの感想・レビュー
5日
4.0
外山恒一が言っていた「多数派のお祭り」という言葉を思い出した。
時間より早く来い。
大きな声を出せ。
家内は仕事を辞めろ。
投票率の低下がさけばれるが、こんなのに付き合う方がどうかしている。
I
Iの感想・レビュー
2017/04/17
5.0
詩学以来幾度となく試みられてきた「偶然を組織する」ドラマツルギーの最先端を見た気がする。

体操をする時に鳴る小銭の音、神輿を担ぐ時の靴と時計が、宮前平で生活する人たちにとって山内和彦、そして選挙それ自体がどこまでもストレンジャーでしかないということを示してしまっている。

勿論、いくら観察映画といっても編集者の主観・主張は混じりこんでしまうだろうけれど、物語→映像ではなく映像→物語の順序でドラマが組み立てられているならば、それは完全に独我的なドラマではあり得ないし、筋書きありきのフィクション、ドキュメンタリーとは差別化されて然るべき。

山内和彦という一人間の立候補からその帰結までという十分に面白い内実をもった物語があって、でも一方では幼稚園児を前にしての応援演説、名前の連呼等、内実の無意味さがどこまでも通底している、、。

勿論自民党支援映画ではないし、イデオロギーに関係なくむしろリベラルな人にこそ観てほしい、エンターテイメント。
てぃだ
てぃだの感想・レビュー
2017/03/30
2.5
「観察映画」という新しいタイプのドキュメンタリー映画。らしいけど、いや、どうしても作り手の作為が入らざるを得ない「映画」というジャンルでこんなことされても正直困惑。これから何を感じ取れというのか。「選挙はつらいよ」って言われてもなぁ・・「じゃあ出馬やめれば?」って言いたくなっちゃうよこっちはどうしても
かえる
かえるの感想・レビュー
2017/03/19
3.3
この映画をみて選挙に立候補したい、と思う人はよほどの信念がある人か、名声を得たい人か。
Moeko
Moekoの感想・レビュー
2017/02/13
4.0
ダサいポスターかかげて、ただ名前を繰り返して、挨拶周りしておえらいさんにへりくだって、お年寄りの生産性のない会合でまた挨拶して、頭下げて、頭下げて...
内にいる人は重要な伝統だと思っている悪しき慣習。そしてしがらみ。それだけ!
肝心な政策についてはなにも語られない。議論なんてどこにも無い。
入り口となる選挙からこれじゃあ、日本の政治は腐って当然じゃ...
そして「山内の家内」という代名詞でしか呼ばれない奥さんの姿も日本の政治の世界を表してるようで悲しくなる。
またウグイス嬢の姿も興味深く感じた。

ナレーションも解説もなくただそのままを映して淡々と流すドキュメンタリーです。わたしもこんなの撮りたいな。
manunited1
manunited1の感想・レビュー
2017/02/09
3.5
人が選挙に出るとどのようになるのか、を描くドキュメンタリー。
驚くのが、政策の話が全く出ず、とにかく改革を叫びまくり当選を目指す。
これが選挙のリアリズム??
この人はどんなことをしてくれるんだろう?実現可能性はあるんだろうか?
みたいなことを有権者は知りたいんだけどね。
選挙の現実。
ばーとん
ばーとんの感想・レビュー
2017/02/07
3.0
この当時の小泉政権の失政で日本経済はいよいよのっぴきならない状況に陥っていくんだけども、その手兵の一人として市議会選に出馬した男が何の理念もなく「改革」を口にする空虚さったらない 女性記者のインタビューに具体的な政策も碌に語れず上擦ってる有り様は馬鹿々々しくも絶望的
とは言え…当時、国民が熱狂して小泉改革を後押ししたことも事実なので、自分らに彼を断罪する資格があるのだろうか、と複雑な気分になった
よしなかよし
よしなかよしの感想・レビュー
2017/01/21
4.0
選挙が民主主義の土台であるのに、いつの間にか毛嫌いされている。候補者の名前を連呼するだけの演説。もちろん、有権者は見向きもしない。ただ、「○○党公認」という文字で受かってしまう現実。
投票権を持つ人皆に見て欲しい。駅前の選挙演説を「うるさいなぁ」と無関心に通り過ぎる人にこそ見て欲しい。
電柱にもお辞儀する、ドブ板選挙。
映画としてエンターテイメント。
osayadon
osayadonの感想・レビュー
2017/01/12
3.7
選挙の裏側が知れるのは勿論、本音と建前を得意とした日本の社会性を選挙の中に見れ、面白くも滑稽だった。

個人ではなく組織で勝つ選挙、政策を語るよりも、ご挨拶回りが一票に繋がる。「一票の重み」という言葉が皮肉に聞こえてきた。

途中から山内さんはホリケンに見えてきた 笑
>|