選挙の作品情報・感想・評価

選挙2006年製作の映画)

CAMPAIGN

製作国:

上映時間:120分

3.6

「選挙」に投稿された感想・評価

選挙って何なんだろう。本質を突く作り。字幕もナレーションもない、観察映画の手法はこちらが何を読み取り、何を考えるか、常に試される。
細野

細野の感想・評価

3.0
選挙活動のドキュメンタリーです。

怒られてるシーンが笑える笑

過激だなー。
ちょうど私が住んでる街でも選挙の時期。
名前を何度も連呼する。てめえらワザとやってたのか!!
意味のないこと。日本の縮図。毎回大迷惑な日本の選挙が、不覚にも愛おしく思えてしまった。
T

Tの感想・評価

2.3
田園都市線をどうにかしてください
清も濁も善も悪も全ての解釈を肯定する、とても心地よい豊かな映画。
気のふれたボインのマリリンモンローが気になる。
ぶぶこ

ぶぶこの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

確かに、この映画は文句なく面白かったです(これだけ笑えたドキュメントフィルムは久しぶりです)。会場も何度か笑い声に包まれましたが、ふと「これを面白がるってどういう事だろう」という思いが去来しました。典型的な「どぶ板選挙」の模様を赤裸々に描いたこの映画、確かに日本の「民主主義」の実態を白日の下に晒したわけですが、我々はまさにこういう社会に生きているわけで、他人事のように笑いものにするだけでは済まないはずです。例えば山内さんの選挙事務所にいた自民党支持者たちの「オヤジ臭さ」だとか、ジェンダー感覚の無さをあげつらうのは簡単です(山内さんの奥さんを巡ってのジェンダー的「攻防」は、この映画の見所の一つでもあります)。もちろんそれは正しいのですが、では彼らにはどういう言葉でものを言えばいいか、別の選挙の方法があるのか、といわれるとはたと困ってしまうわけです。これではいけないと思いながら、代替案を出すこともなかなかできないもどかしさ。「面白うてやがて哀しき・・・」というのが、この映画を見た直後の感触でした。

というわけで、正しい意味で「問題提起的」なこの作品を皆さんも是非見てください。
ふるた

ふるたの感想・評価

3.0
補欠選挙に出馬した人のドキュメンタリー

関係者による村社会的な慣習や、
形式化されたセオリーを強要され、
意思もなく操られるように選挙活動する候補者。

腐敗した前時代的なジジィ達だなと思いつつ、
でもいつの時代も肩を組む人のほうが多いとも思う。
Marin

Marinの感想・評価

4.0
東大卒業してればokみたいなね、、
俺総理大臣なりたかったんだよ、、
改革を進めて参ります!!!
どうか今回だけ、お願いいたします。
垂れ幕取られなくてよかったね。
政治で'妻'はないね、普通、'家内'だよね。

何が、したいの??政治家になって、何を良くしたいの??

どうして、彼を選んだの?

観ていると、限りなく疑問が湧いてくる。民主主義とは、何でしょうか?
日本は、民主主義国家と言えるのでしょうか??
>|