狼の死刑宣告の作品情報・感想・評価

「狼の死刑宣告」に投稿された感想・評価

arakara

arakaraの感想・評価

3.2
カラッとしてハリのあるショットガンの音部門、堂々の一位。
趣ある銃器カチャカチャセットアップタイムも愛好家の心をくすぐる。
Ghassoul

Ghassoulの感想・評価

3.7
『インビジブル』のセバスチャンはこんなに家族思いなパパさんになってたのか!

冒頭からいきなり、むちゃくちゃ仲のいい最高の家族関係をこれでもかと言うくらいに見せつけて、その後に家族を失うという悲劇の展開。「これから思いっきり復讐します」という宣告のような分かりやすい進み方。そして、バリバリで感情移入させにきてる。

ストーリーは「復讐の連鎖は事を大きくし、取り返しがつかなくなってしまう」というありがちなテーマ。そんなストーリーにカメラワークはかなりアクション映画寄り。
アクションのところは良いんだけど、ただ、投資企業の副社長があそこまで華麗に戦い、銃撃戦をしているのは少し違和感。駐車場のシーンとか、どんだけ戦い慣れてるんだよ!って思わずツッコミたくなる。
でも、この作品のケビン・ベーコンは今までで一番イカしてるね!
おそらくこの映画の一番の見所はケビン・ベーコンの演技だと思うな!
みーる

みーるの感想・評価

4.0
復讐は何も生まないという正論、それはそうだし色々と突っ込みどころが多いのだけど、それを凌駕するケヴィン・ベーコンの格好良さたるや…
フォロイングもそうだけど、こういう感じの役が似合うし、ほんとケヴィン・ベーコンの魅力が詰まった作品。
ジョン・グッドマンも良い味出してました。
ヒョー

ヒョーの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ケヴィン・ベーコン主演のクライム・アクション。
最高にこんがり焼けたベーコン・ムービーでした。

突然ですが以前「ウォンテッド」のレビューで「格好良い名前の男優四天王」を発表しました。
その際、次回は「格好悪い名前の男優四天王」を発表するとお約束しましたね。
という事で今夜発表したいと思います。
題して『ヒョーが選ぶダサい名前四天王(男優編)』👏👏👏

⚠見た目は一切関係ありません。
本人は格好良いのに名前がイケてないというグランプリです。
「独断」と「偏見」と「こじづけ」で選定しています。
軽いジョークですので、ファンの方はお遊びとして捉えて下さい。
(きちんと予防線を貼る弱気な私)

まず一人目はこの映画の主役であるケヴィン・ベーコンです。
理由:名前に食材が入っている時点でもうアウトです。
日本人で例えると山田豚肉みたいなもんですよ。
同様にジョン・ハムもアウトです。
この二人が共演したらそれはただの朝食です!

二人目はJ・K・シモンズです。
理由:日本語にしたら女子高生・シモンズですよ!
まるで女子高生にシモネタばかり言うオヤジみたいじゃないですか。
完全に事案です。
名前にJKはいけません。せめてJDにしましょう。

そして三人目はベン・アフレックです。
理由:ベンは便でウンコ💩。アフレックはアフラックに似いてる。
従ってウンコ保険です。
ウンコ保険って何を保証してくれるのでしょうか。
漏らした時に保険金でもおりるのでしょうか。
なにやら匂いますね〜

最後の四人目はW受賞となります。
コリン・ファースとコリン・ファレルです。
理由:コリンが付いている時点でそれはもう”こりん星”出身だからです。
日本人=コリンは小倉優子のイメージになってしまいます。
ゆうこりんチルドレンです。

しかし私は見つけてしまったのですコリンという名の一番格好悪い名前を。
それはコリン・サーモン。
こんなのこりん星にいる鮭ですよ。
ゆうこりんのおにぎりの具ですよ。
こりゃ目も当てられない。

従ってコリン・サーモンは四天王を超えたキング・オブ・ダサい名前に認定したいと思います。
おめでとうございます👏👏👏
次回は「可愛いと思う女優の名前四天王」でお会いしましょう。

さてレビューでございます。
ケヴィン・ベーコンが息子を殺された父親を演じます。
しかも目の前で無残な殺され方をします。
殺したギャング達がまた最低で強盗とかではないんです。
ただの度胸試しで殺したのです。
それを知ったベーコンは怒りに火がつきます。
ベーコンをベーコンの焼き加減で例えるならこの時はまだ半生ぐらいですかね。

息子を殺した実行犯に復讐をしたのですがその事がギャングにバレ、逆に命を狙われる事になります。
ギャングに狙われたベーコンは逃げる事になります。

この逃げるシーンは中盤の見所。
立体駐車場でのアクションなのですが本当に素晴らしいシーンです。
アイデアといい、カメラワークといい、もちろん役者の演技といい、パーフェクトに近い名場面じゃないでしょうか。
特にワンカットで繰り広げられる一連のカットはアクション映画史に残る格好良さ。
これが観れただけで大満足です。

この後ギャングは更に攻撃の手を緩めず、残された家族まで狙ってきます。
ベーコンをベーコンの焼き加減で例えるならだいぶ火が通り油も滴り落ちてる状態です。

そしてとうとう自宅にギャング達が襲撃してきます。
なんとか一命を取り留めたベーコンと次男ですが、奥さんは無残にも殺されてしまいます。
これでベーコンの怒りはマックスです。
頭を剃りあげ顔の形相は鬼そのもの。
まさに復讐の鬼と化したのです。

もうこの後はベーコン・バイオレンス祭りの開幕です。
思う存分ベーコンのクレイジーさを楽しみましょう。
ベーコンをベーコンの焼き加減で例えるならこんがり焼けてカリカリ状態です。
カリカリベーコンの出来上がりです。

とにかく最高のベーコン映画の一つじゃないでしょうか。
優しいパパの顔から鬼と化したヤバイ顔までベーコンの良さを思う存分味わえます。
監督は「ソウ」のジェームズ・ワン。
素晴らしい作品を撮ってくれました。
ジェームズ・ワンにはベーコンエッグバーガーをご馳走したい気持ちでいっぱいです。

ベーコンファン必見の一作!
shirase

shiraseの感想・評価

3.8
復讐に喜びなんてないけどわかってるけど自分の中でどうしてもそうしないと納得できない部分があるんだから仕方ないよね
とかなによりもケヴィンベーコン強すぎて痺れたからなんか復讐なんかなんも生み出さへんねんでとかいう正論ほっぽってギャングブチ殺していく姿に釘付けになるのよわかるわかる
これ一本でいろんな顔のケビン・ベーコンが見られておもしろかった。

立体駐車場のシーンは普通のおじさんなのに足速いなと思って最初は笑ってたけど、スリリングでカメラワークも良くてかっこよかった。
ケヴィン・ベーコン主演
復讐バイオレンスアクション

普通の生活を送るビジネスマンが息子をギャングに殺されてチンピラを殺したらギャングと戦争が始まった

ケヴィン・ベーコンの変貌ぶりは怪演です!

ビジネスマンがあそこまで強くなれるかよ!かっこいいけどさ!

監督はジェームズ・ワン
撮り方かっこよすぎ
駐車場のシーンと武器を準備するシーンのキレッキレさ!

ジョン・グッドマンも出てます
>|