ぽち

フランス軍中尉の女のぽちのレビュー・感想・評価

フランス軍中尉の女(1981年製作の映画)
2.6
「フランス軍中尉の女」を撮っている現場との二重構造という凝った設定のわりにどちらのロマンスもありきたりで、欲張って散漫になってしまった作品。

劇中のヒロインのキャラが精神科医が説明しているわりに理解出来ないし、共感出来ないのが致命的。
何故逃げたのかの説明もあやふや。

無理矢理なハッピーエンドも含めて平凡な内容。現代のロマンスもゆるくて何も響かないストーリー。その両方を合わせても良くなる事は無いだろう。

メリルが男を翻弄するような美女でないし、フィアンセのリンジー・バクスターと比べれば20対80でリンジーの勝ち。

二重構造というアイディアは良かったが、それだけで終わってしまった作品だろう。