劇場版 虫皇帝の作品情報・感想・評価

「劇場版 虫皇帝」に投稿された感想・評価

グロテスク!w
カマキリ弱すぎる
彦次郎

彦次郎の感想・評価

2.1
虫バトルトーナメント!
虫嫌いには受け付けない内容ですが好きな人には良いかもしれません。
内容はグロめ。
ある種のスプラッター映画を見る感覚のグロさがあり、時に目をそらし声を上げながら見た。異種格闘技戦を模しているが、水VS陸だったり明らかに体格差があったりでほとんど一方的なのでより残虐性が際立つ。解説は監督に加えて博士とか専門家に互いの特性ついて細かく聞きたかった。監督の特別解説は二度手間。印象的なシーンは、顔半分を持っていかれたカマキリとジャイアントキリングを成したタガメと首ちょんぱされたオオオサムシの3つ。大人は顔を背けるだろうが、子供はこういうの以外と無邪気に楽しんだりするのかも。
劇場版…。これお金払って大きなスクリーンで観るってどんな感じなのかな。それもまたカオスで面白いんだろうなぁ。応援上映で盛り上がったり。

テロップもダサく、作りもチープ、雑誌の付録DVDのようなレベルなんだけど何故か最後まで一気に観てしまった。1時間30分があっという間に過ぎていく。

昔、私が小学生だった昭和50年代、本作に出てくるヘラクレスやネプチューンなどの外国産カブトムシは輸入できず図鑑でしか見ることができない憧れの昆虫でした。標本で見たことがあった程度。それが今や個人でも買えるなんて。子どもだったらお小遣い貯めて買ってただろうなぁ、など思いながらそんなカブトムシたちがまさに異種格闘技戦ですから、夢中になって観入りました。

全24戦、無理矢理ボックスに入れられて闘わざるを得ない昆虫たち。可哀想、残酷…だけどどこかで楽しんでいる自分。許しておくれ。

監督が出演、解説。その容貌が胡散臭い。対決後のコメント"(虫の)無表情がたまらない"って(笑)なんかいいな。
kozap

kozapの感想・評価

5.0
日本のカブトムシに涙する。あれぞ日本男児。
Albert

Albertの感想・評価

2.5
ムカデ大好きでそれ目当てで見たけどムカデの出番少なくて少し残念だったかな。子供の頃虫かごにムカデとヤモリいれて似たようなことさせようとしたけどムカデが虫かごから出ようとするばかりでうまくいかなかったんですよね。だから楽しみにしてたんですけど監督の解説邪魔すぎるし対戦カードがなかなかひどいからバトルというより虐殺を見ることになる。それなら捕食シーンとかも全部映してほしかった。マイマイカブリ対ダイオウサソリなんてヘビー級とフライ級ぐらい差があるし解説も邪魔すぎ試合終わった後に出てこなくていいよw
ログ

ログの感想・評価

3.5
当時チケット300円だったけど異常に面白かった。
はけ

はけの感想・評価

2.2
これを映画と言っていいのか。
どうでもいいけどこれ作った人はパラワンvsリオックだけは責任持って撮って欲しい。
このシリーズ観た全員が一番観たい対戦なのになんでやらないんだろう。
まさし

まさしの感想・評価

3.2
体液ブシャー!とか頭グシャ!とか、目を覆いたくなるシーンばっかり!
倫理観はともかく、虫同士の命懸けの闘いは中々に迫真のものである。特にサソリに毒針を刺されて毒が回り、瀕死になりながらも最後まで闘う姿勢を崩さない国産カブトムシの勇敢さには涙を禁じえない。

虫に対して、無表情ですねとか、目がうつろです、とか言ういい加減な実況も見どころのひとつ。
カブトムシ観て泣くと思わんかった
>|